サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レアル・ベティス・バロンピエ(Real Betis Balompié)は、スペインのアンダルシア州セビリアに本拠地を置くサッカークラブ。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

ベティスのサポーターはベティコ (béticos) と呼ばれ、労働者階級層に強い支持基盤を持つ。同じセビリアを本拠地とするセビージャFCとの試合は「アンダルシア・ダービー(セビリア・ダービー)」として盛り上がる。

クラブの前身のひとつベティスFC (Betis Foot-ball Club) は、セビージャFCから離反した役員達によって1909年に創設された。当時のセビージャFCは労働者階級出身の選手との契約を拒んでおり、これに批判的な一派が旗上げしたのがベティスだった。クラブ名のベティスとはアンダルシアを指すローマ帝国時代の属州名バエティカに由来する。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


ヘタフェCF(Getafe Club de Fútbol S.A.D.)は、スペインのマドリード自治州ヘタフェに本拠地を置くプロサッカークラブ。

1983年に設立された新興チーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。2003-2004シーズンに2部で2位になり初の1部昇格を果たすと、以後2シーズンは限られた戦力ながら13位・9位と好成績を残している。

同じマドリード自治州の両名門クラブレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードとの関係は比較的良好。因みにヘタフェのアンヘル・トーレス会長は熱心なマドリディスタ(レアル・マドリードのファン)である。そのためレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードから若手選手をレンタルで獲得することも多い。またバレンシアとも密接な繋がりがあり、ヘタフェの監督として実績を挙げたキケ・サンチェス・フローレスがバレンシアに引き抜かれたり、バレンシアの若手有望選手をレンタルで獲得したりと交流が深い。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

ヒムナスティック・タラゴナ(Club Gimnàstic de Tarragona)は、スペイン・タラゴナ(カタルーニャ自治州)に本拠地を置くサッカークラブチームである。現在はリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオンに所属している。

2005-2006シーズンにはセグンダで準優勝し、3度目となる1部リーグ昇格を果たしたが、2006-2007シーズンはプリメーラ・ディビシオン20位と低迷し、再びセグンダに降格した。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


スポルティング・デ・ヒホン(Real Sporting de Gijón)は、スペイン北部アストゥリアス州の都市ヒホンに本拠地を置くサッカークラブチーム。1905年創設。ホームスタジアムであるエル・モリノンは1908年に建てられたスペイン国内のプロサッカー場としては最も歴史のあるスタジアムである。

下部組織の選手育成に定評があり、ルイス・エンリケやダビド・ビジャなどのスター選手を輩出している。

1981-1982、1982-1983シーズンには国王杯で2年連続準優勝を果たしている。2008-09シーズンは11季ぶりに1部リーグでプレーする。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。