サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マラガCF(Málaga Club de Fútbol)は、スペインのアンダルシア州マラガに本拠地を置くプロサッカークラブ。

1921年に創立されたマラガFC(Málaga Football Club)の数度に及ぶ名称変更、および1992年のチーム消滅を経て、1994年に新たに設立された新興クラブチーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属している。

レアル・マドリードと繋がりが深いクラブで、2006-2007シーズンからは元レアル・マドリード会長ロレンソ・サンスの息子で、双方のクラブでプレーしたフェルナンド・サンスが会長を務めている。

2004-05シーズン、経営難から主力のホセミやサルバを放出し、新戦力のマルシオ・アモローゾやパウロ・ワンチョペは使い物にならなかった。10節からの9試合で8敗を喫して降格圏に沈むチームを救ったのはアントニオ・タピア監督だった。グレゴリオ・マンサーノ監督からチームを引き継ぐとカンテラからセサール・ナバスを引き上げ、最終ラインの安定感をもたらした。攻撃陣も若手のファン・ロドリゲスや新たに獲得したフェルナンド・バイアーノを積極的に起用し、最終的に10位に食い込んで見せた。

2005-06シーズンはサルバを復帰させ、ウルグアイ代表のリカルド・モラレスを獲得したが、主力の大量放出の穴は埋まらなかった。黒星を積み重ね、最下位でシーズンを終えた。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


RCDマヨルカ(Real Club Deportivo Mallorca)は、スペインのマヨルカ島パルマ・デ・マリョルカに本拠地を置くプロサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くクラブの中で、歴史が最も古い。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属。2004-2005シーズンは序盤から低迷し降格の危機に瀕していたところ、かつてチームにカップウィナーズカップ準優勝、UEFAチャンピオンズリーグ出場などをもたらし、その後バレンシアやインテルでも実績を積んだエクトル・ラウル・クーペルを監督に迎えた。クーペル監督就任後もチームの調子は上がらず一時は降格を確実視されていたが、終盤戦に驚異的なペースで勝ち点を積み上げ最終節でプリメーラ残留を決めた。この快挙をマヨルカ地元新聞紙はマヨルカの奇跡として称えた。

2004-2005シーズンの後半および2005-2006シーズンに日本の大久保嘉人が在籍した。

創立してはじめての試合で、FCバルセロナに対して0-8で敗れたことは良く知られている。

レアル・マドリードとは、若手選手をレンタルで獲得するなど交流が深い。





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
レアル・マドリード・クラブ・デ・フットボール(Real Madrid Club de Fútbol)は、スペインの首都マドリードに本拠地を置くサッカークラブチーム。

1902年に創設。ホームスタジアムはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。現在は、リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属し優勝回数は国内最多31回、更にUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数は大会創設期の5連覇を含む9回と世界最多を誇り、FIFAにより「20世紀最強のクラブ」に認められた、世界屈指の超名門クラブである。

因みに、同チーム創設当初のスペインにはサッカーを統括する団体がなく(スペインサッカー連盟は1909年創設)、また、同チームが唯一のサッカー団体であったため、スペインを代表してFIFAの創設メンバーに名を連ねた。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ポリ・エヒド(Club Polideportivo Ejido)は、スペインのアルメリア県・エル・エヒドに本拠地を置くサッカークラブチーム。ポリデポルティーボ・エヒドとも表記される。セグンダ・ディビシオンBに所属している。

1969年創設。その後長らくテルセーラ・ディビシオン(4部)でのシーズンが続いた。2001年から2008年まで7シーズンの間セグンダ・ディビシオン(2部)に在籍していた。2007-08シーズンは22位と振るわず、セグンダ・ディビシオンB(3部)に降格した。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。