サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッチデープログラムとは、スポーツの試合において発行される情報誌(紙)のこと。当日の対戦相手の紹介や過去の結果などを中心に記載したもので様々な形態がある。

日本においてはサッカー、とりわけJリーグの会場で配布もしくは発行されるのが一般的である。

イングランドのサッカーチームが、試合当日に予想出場選手のリストや過去の実績などを配布したのが始まりとされている。かつてはチーム発の貴重な情報源であり、その後もインタビュー記事等を追加するなど記事を充実し、電子メディアが発達した現代においてもファンに対する重要な情報源として一定の地位を維持している。その形態は様々であり、数十ページのカラー小冊子から、白黒のフリーペーパー形式のものなど、チームによって異なる。

冊子体の場合、表紙にはチームの名前と該当試合の日時・対戦相手名が掲示されることが多いが、マンチェスター・ユナイテッドの"United Review"のように誌名を付けているものもある。

価格はおおむね、無料~数百円の間である。一般に、販売は試合当日に限って試合会場内もしくは周辺の販売所で行われるが、バックナンバーの販売、年間購読といったサービスが行われることもある。UEFAチャンピオンズリーグ決勝日のような大規模イベントにおいては、マッチデープログラムの購入も困難を極め、試合後に高額で取引されることすらある。

また保存用のバインダーを販売するチームもあり、筋金入りのファンには過去数十年分のマッチデープログラムをコレクションとして保存している者もいる。


▽日本における事例

日本でもサッカー観戦の際に発行されるケースが一般的であり、とくにJリーグのほとんどの試合会場で配布もしくは販売されている。その発行形態も各クラブによる公式プログラムとサポーター有志によるものとがあり、また冊子、新聞(タブロイド版)、リーフレット、チラシなど様々な様式がある。

内容は監督のコメント、対戦相手の紹介、直近の試合レポート、選手のコメントやインタビュー、出場記録、各種コラム、サッカー教室など活動報告、サポーターによる投稿欄などが一般的である。

日本で初めてのマッチデープログラムは、一説によれば浦和レッドダイヤモンズのものであるといわれており、現在発行されているものはB5版オールカラー32ページとボリュームが豊富である。年間のべ30万部が試合会場やオフィシャルショップ「レッドボルテージ」で販売され、その売り上げの多さにより当初300円だったものが200円に引き下げられたのも特筆される。

ただし、発行部数の多さに関してはアルビレックス新潟の発行するタブロイド版8ページのものが上回り、一試合あたり4万部(年間のべ68万部)をホームゲームで無償配布している。

ジェフユナイテッド市原・千葉のマッチデープログラム(無料)のように、当日の先発メンバー発表を待って記事に反映させ、スタンドで配布を行っているケースもある。

川崎フロンターレの「オフィシャルマッチデープログラム」ではオリジナルの選手カード(トレーディングカード)を添付しており、他のケースとしては抽選くじを兼ねるなど「おまけ」が付いたものも見られる。

Jリーグ以外のサッカーではなでしこリーグでも浦和レッドダイヤモンズ・レディースや日テレ・ベレーザなどが、クラブから無料で配布するようになっている。


サッカー以外では、プロ野球の横浜ベイスターズが「Beautiful Yokohama」という月刊タブロイド紙を試合観戦者に無料で配布したことがあった。市内の駅売店では有料で販売されていた。これは球団広報紙のほかタウン情報紙としての面も持ち、試合観戦後にも重宝はしたが、厳密にはマッチデープログラムとは呼びがたく、また月刊紙ということから様々な面で中途半端なところがあって、その後は廃刊となっている。

プロ野球では、他に千葉ロッテマリーンズなどが発行しているが、むしろ球団発行の月刊雑誌の方が主流といえよう。プロバスケットボールのbjリーグでもマッチデープログラムが発行されている。


▽英文による表記について
「マッチデープログラム」は米国風に綴ると"Matchday Program"であるが、英国風に"Matchday Programme"と綴ることも多く、日本では双方とも見られる。また「MDP」という略称がしばしば用いられるが、川崎フロンターレの場合は「オフィシャルマッチデープログラム」の略「OMP」という表示がなされている。創刊準備号として発行された2003年からこの名称を用いた真相は不明であるが、それ以前からサポーター有志が発行していたものと区別するためではと考えられる。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/9-92b7064e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。