サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▽イエローカード
警告を告げる際に主審が提示するカード。同一試合に2枚で退場(レッドカード)となる。

▽レッドカード
退場を告げる際に主審が提示するカード。

▽ハンドリング、ハンド
プレイヤーが手でボールを扱う反則。故意や悪質と判断されたもの、決定的な得点の機会を阻止した(例 触らなければゴールになるシュートをフィールドプレイヤーが手で阻止した)場合には、警告や退場となる。一方、たとえばプレーに伴い、体のバランスを取るために手を広げていたところに相手の蹴ったボールが偶然当たったような場合は、手に明らかに当たっていても反則を取られない。

▽キッキング
相手選手を蹴ること。

▽トリッピング
相手選手をつまずかせる行為。足、又は体を使い相手選手を倒したり、倒そうとする行為。

▽ジャンピングアット
相手選手に飛びかかる行為。

▽ストライキング
相手を殴ること。または殴ろうとする行為。

▽プッシング
相手選手を押すこと。

▽ファールチャージ
乱暴で危険な手法で相手選手にチャージする行為。または、妨害していない相手選手を背後からチャージする行為。

▽ファールコンタクト
ボールに触れる前に相手選手に触れること。

▽ホールディング
相手選手を押さえ込むこと。

▽スピッティング
相手選手に唾を吐きかけること。

▽アドバンテージ
守備側に反則があったが、その反則を取らずに流したほうが明らかに攻撃側に有利な場合 (例 守備側に後ろからのチャージがあって攻撃側選手が倒されたが、ボールがこぼれて他の攻撃側選手に渡り、得点のチャンスとなった場合等) はその時点での反則を取らないことがある。これをアドバンテージといい、主審は両手を上前方にあげるジェスチャーで示す。一方、それは反則をなかったことにするということではないので、ボールがタッチを割るなどしてプレーが切れたときに、その反則を犯した選手に警告や退場を命じることがある。

▽シミュレーション
相手選手との接触による転倒を模擬し、審判を欺こうとする行為。



■詳細ルール
ファール
イエローカード
レッドカード
ハンド
アドバンテージ
シミュレーション


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/85-74ce6655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。