サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フーリガン (hooligan) は主に暴力的な行為を行うサッカーの応援団(サポーター)を指す。単純なスポーツの応援形態という問題にとどまらず、国によって失業問題や民族、人種、宗教間の対立等の様々な問題が根底にあると言われる。


■語源

19世紀のロンドンで暴れていたアイルランド系一家の姓Houlihanが由来
19世紀のイギリスで流行していた歌の中で揶揄されるアイルランド系住民の名がフーリガンであったことに由来等の説がある。
19世紀後半にフーリガンズと自称する不良集団がイギリスで新聞記事となり広まった
がある。


■フーリガンの分類
フーリガンには大きく3つの種類がある、とされている。

①試合の観戦ではなく、暴れる事そのものを目的とする人
②自分は暴動に加わらないが、騒ぎを煽り立てる人
③自分から騒ぎを引き起こすことはないが、他人が騒ぎ始めればその場のノリでそれに加わる人(アルコールが入っている場合が多い)
特に1と2のタイプは、警察から厳重にマークされている。

サッカーのサポーターは試合の勝敗に直結して騒ぎを起こすことが多いが、フーリガンの場合は、暴れること自体が目的であり、サッカーの結果や内容とは関係なく、相手サポーターやチームに言いがかりをつけて暴れることがほとんどである。

移民系の選手の多いヨーロッパの各国リーグでは、最近、人種差別的・侮蔑的なブーイングを起こして試合を中断させるケースも多くなってきた。これは、いままでのフーリガンのように、直接器物を破壊する単純なケースとは明らかに異なる。多種多様なヨーロッパの人種形成の根幹、社会構成に絡んで、問題解決の糸口も一様ではない。しかし、サッカー観戦のモラルそのものが低下していることは事実であり、今後、大きな問題に発展する可能性もある。


▽関連記事
フーリガンの歴史


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/70-6a54748a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。