サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツサッカーを形容する最も象徴的な言葉は「勤勉」である。全員がよく動き規律を重んじるサッカーが好まれる。華やかなサッカーを好むファンの中には「ドイツサッカーは面白くない」と切り捨てる者もいる。体格的に長身で屈強な選手が多いため、どこかパワープレイしか行わないというイメージがある。しかし、ドリブルが盛んな南米のサッカーと比べることは意味が無い。実際は、ドイツ人選手の多くはボールコントロールが上手い。W杯でブラジルに次ぐ成績を残していながら何故か肯定的に捉えられないことが多い国である。

また、俗に「ゲルマン魂」と形容される、どんな逆境下においても決して勝負を諦めない不屈の敢闘精神も特徴としてしばしば挙げられる。圧倒的な優勝候補だったハンガリーを破って初優勝した1954年のスイス大会、“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーに率いられて地元優勝を果たした1974年の西ドイツ大会、低い前評判を覆して準優勝まで駒を進めた2002年の日本/韓国大会など、そのゲルマン魂はワールドカップの舞台でも、奇跡としか形容できない脅威の逆転劇を次々と起こしてきた。ドイツサッカーが泥臭く見られる原因の一つである。また、ベッケンバウアーをはじめとして、カール=ハインツ・ルンメニゲ、ローター・マテウス、マティアス・ザマー、オリバー・カーンなど、ゲルマン魂の体現者と呼ぶに相応しい闘志溢れるチームリーダーも多く輩出している。

国内リーグは世界屈指の観客動員を誇り、2004-2005シーズンの1部リーグ(18チーム)は観客動員が1149万4764人、1試合平均3万7565人だった。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/64-cd199bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。