サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強豪国のひとつではあるもののFIFAワールドカップでの優勝経験はまだ無い。ヨハン・クライフが率いてトータルフットボールで席捲した1974年の西ドイツ大会も準優勝に終わった。優勝したのはオランダトリオ(ミラントリオ)が在籍した1988年のEURO88のみである。W杯で好成績が収められないのは白人選手と黒人選手による空中分解が原因だとされている。


▽ヨハン・クライフ
ヨハン・クライフ(Johan Cruijff, フルネーム:Hendrik Johannes Cruijff, 1947年4月25日 - )は。オランダが生んだ天才プロサッカープレイヤー。1960年代後半から70年代にかけて世界のフットボールシーンを席巻した。サッカー史上屈指の選手に位置づけられているプレーヤーである。選手時代に欧州年間最優秀選手賞(バロンドール)を3度受賞。現役時代のポジションはフォワード(センターフォワード)、攻撃的ミッドフィールダー(トップ下)。

また、独自のフットボール理論とその傲慢とも取れる程の強烈なカリスマ性で、指導者としても実績を残した。1996年以降は監督業からも退いてはいるが、選手としてもプレーしたFCバルセロナ(スペイン)やオランダ代表をはじめ、今もなおサッカー界に多大な影響を与え続けている。

特徴的なプレーとしては、軸足の後ろ側にボールを通す「クライフ・ターン」が有名。現代サッカーでは基本テクニックのひとつとして各クラブの下部組織などで少年たちに教えられている。またワンタッチプレーを好み、独特のタイミングで放つパスやシュートで相手選手を翻弄した。1974年のワールドカップ西ドイツ大会、対ブラジル代表戦で魅せたジャンピングボレーシュートは、後の「フライング・ダッチマン」の愛称に繋がっている。


▽関連記事
オランダトリオ
オレンジ軍団



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/63-69d89c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。