サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マラガCF(Málaga Club de Fútbol)は、スペインのアンダルシア州マラガに本拠地を置くプロサッカークラブ。

1921年に創立されたマラガFC(Málaga Football Club)の数度に及ぶ名称変更、および1992年のチーム消滅を経て、1994年に新たに設立された新興クラブチーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属している。

レアル・マドリードと繋がりが深いクラブで、2006-2007シーズンからは元レアル・マドリード会長ロレンソ・サンスの息子で、双方のクラブでプレーしたフェルナンド・サンスが会長を務めている。

2004-05シーズン、経営難から主力のホセミやサルバを放出し、新戦力のマルシオ・アモローゾやパウロ・ワンチョペは使い物にならなかった。10節からの9試合で8敗を喫して降格圏に沈むチームを救ったのはアントニオ・タピア監督だった。グレゴリオ・マンサーノ監督からチームを引き継ぐとカンテラからセサール・ナバスを引き上げ、最終ラインの安定感をもたらした。攻撃陣も若手のファン・ロドリゲスや新たに獲得したフェルナンド・バイアーノを積極的に起用し、最終的に10位に食い込んで見せた。

2005-06シーズンはサルバを復帰させ、ウルグアイ代表のリカルド・モラレスを獲得したが、主力の大量放出の穴は埋まらなかった。黒星を積み重ね、最下位でシーズンを終えた。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。