サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RCDマヨルカ(Real Club Deportivo Mallorca)は、スペインのマヨルカ島パルマ・デ・マリョルカに本拠地を置くプロサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くクラブの中で、歴史が最も古い。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属。2004-2005シーズンは序盤から低迷し降格の危機に瀕していたところ、かつてチームにカップウィナーズカップ準優勝、UEFAチャンピオンズリーグ出場などをもたらし、その後バレンシアやインテルでも実績を積んだエクトル・ラウル・クーペルを監督に迎えた。クーペル監督就任後もチームの調子は上がらず一時は降格を確実視されていたが、終盤戦に驚異的なペースで勝ち点を積み上げ最終節でプリメーラ残留を決めた。この快挙をマヨルカ地元新聞紙はマヨルカの奇跡として称えた。

2004-2005シーズンの後半および2005-2006シーズンに日本の大久保嘉人が在籍した。

創立してはじめての試合で、FCバルセロナに対して0-8で敗れたことは良く知られている。

レアル・マドリードとは、若手選手をレンタルで獲得するなど交流が深い。





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。