サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーリークロス(early Cross)

①相手ディフェンダーが戻らないうちに、ディフェンスラインとゴールキーパーとの間を狙って、浅い位置から早めに入れるクロス(センタリング)。

②カウンターなど速攻時は、相手のDFの数と陣形が揃ってないときに、低い位置から一気に前線に入れること。

アーリークロスの利点は、斜め後方からのロングパスになるために守備側はボールと選手を同時に捕らえにくく、またラインもそろえにくいのでマーカーを見失いやすい。有名な所ではベッカムが最も得意とするプレーである。欧州のカウンター型のチームが多用。


▽ベッカム
デビッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム OBE(David Robert Joseph Beckham OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス(イングランド)が世界に誇るスターサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(主に右サイドハーフ)。レアル・マドリード移籍後はセンターハーフ(ボランチ)でもプレイ、この経験から守備の意識が高まり、華やかな外見や評判からは想像しがたい献身的な働きを見せている。右足で蹴る「inch perfect」と称される正確なクロスボールとロングパスを得意とし、ゴールキーパーが触れることすら出来ないコースにカーブを描いて放たれるロングシュートは、時に「残忍なロングシュート」と形容される。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/58-6d7e1b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。