サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レアル・クラブ・デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ(Real Club Deportivo de La Coruña S.A.D.)は、スペインのガリシア州ラ・コルーニャに本拠地を置くプロサッカークラブである。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

「Deportivo(デポルティーボ)」はスペイン語で「スポーツ」という意味を持つため「Deportivo」の名を冠したスポーツクラブは世界に多数存在するが、スペインを始め世界各国では特にこのクラブが「デポル」、「デポルティーボ」の略称で親しまれる事が多い。


■デポルティーボ・ラ・コルーニャの歴史

チーム創立以来長い間二部が定位置の弱小クラブであったが、1988年に弁護士で政治家であったレンドイロが会長として雇われてからは豊富な資金力とレンドイロのタフな交渉力を武器に効果的な選手補強を実行。1991年に念願の1部昇格を果たす。

1993-1994シーズンには鉄壁の守備陣に支えられ、最終節を残して2位と勝ち点1差の首位に立つ。しかし、最終節では終了間際のPKミスによりドローに終わり、FCバルセロナに大逆転優勝をさらわれるという悲劇を味わった。

デポルティボの黄金期は1998-1999シーズン、知将ハビエル・イルレタが監督に就任したことから始まった。リーガ屈指の戦術家であるイルレタによって徹底的に鍛え上げられたチームは、翌1999-2000シーズンには悲願のリーガ・エスパニョーラを制覇を達成。その後数年間にわたってチームは国内外で猛威を奮い、特にUEFAチャンピオンズリーグの舞台では、アーセナル、ユヴェントス、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッド、ACミランなど多くの世界的な強豪クラブが、この一ローカルクラブによって打ち破られている。特にユヴェントスとは短期間に頻繁に激突し、数々の名勝負を繰り広げた。対戦成績は3勝1敗4分と勝ち越している。なおこの黄金期のチームは「Super Depor」(スーペルデポル)と呼ばれた。

しかし2003-2004シーズンにリーガ・エスパニョーラ3位、UEFAチャンピオンズリーグベスト4という好成績を残したのを最後に、翌シーズンは国内外で不振を極め、チーム躍進の立役者であったイルレタの退任と共にデポルティボの黄金期は終わりを迎えることになる。この不振の理由としては、主力選手の高齢化、戦術・メンバーの固定化によるマンネリズムの蔓延、大規模な選手育成施設をつくり負債を抱えたため以前ほど補強に資金を回せなくなったこと等様々な理由が挙げられている。

2005-2006シーズンにはセビージャFCから若手育成に長けたホアキン・カパロスを監督に招聘し、チームの建て直しを図った。好調な滑り出しを見せたが、フアン・カルロス・バレロン、ジョルジュ・アンドラーデの怪我と共に失速していくなど、往年の輝きを取り戻すには至らなかった。

2006-2007シーズンはカパロス政権二年目を迎えてさらに大胆なチーム編成に乗り出し、長年チームを支えたフランシスコ・モリーナ、リオネル・スカローニ、ディエゴ・トリスタンらベテランを放出して前政権の遺産を一掃する一方で、有望な若手選手を数多く補強し、再びヨーロッパの舞台への返り咲きを目指したが、チームは大きく低迷。 さらにカプデビラ、アリスメンディ、アンドラーデら主力をシーズン後に放出、バレロンの怪我の長期化、カパロス監督の辞任など、今後どうなるのか不安が残る。


■デポルティーボ・ラ・コルーニャのタイトル

▽国内タイトル

リーガ : 1回
1999年/2000年

コパ・デル・レイ : 2回
1995年
2002年

スペインスーパーカップ : 3回
1995年/1996年
2000年/2001年
2002年/2003年


▽国際タイトル

なし


■デポルティーボ・ラ・コルーニャの過去の成績

1996-1997 プリメーラ・ディビシオン 3位
1997-1998 プリメーラ・ディビシオン12位
1998-1999 プリメーラ・ディビシオン 6位
1999-2000 プリメーラ・ディビシオン 1位
2000-2001 プリメーラ・ディビシオン 2位
2001-2002 プリメーラ・ディビシオン 2位
2002-2003 プリメーラ・ディビシオン 3位
2003-2004 プリメーラ・ディビシオン 3位
2004-2005 プリメーラ・ディビシオン 8位
2005-2006 プリメーラ・ディビシオン 8位
2006-2007 プリメーラ・ディビシオン 13位


■デポルティーボ・ラ・コルーニャの現所属メンバー

1 GK ドゥドゥ・アワット
2 DF マヌエル・パブロ (captain)
3 MF パブロ・アルバレス
4 DF アルベルト・ロポ
5 DF ファブリシオ・コロッチーニ
6 MF ジュリアン・デ・グスマン
7 FW ロドルフォ・ボディポ
8 MF セルヒオ・ゴンサレス
9 FW セバスティアン・タボルダ
11 FW リキ
12 FW アドリアン・ロペス
13 GK グスタボ・ムヌア
16 MF ファン・ロドリゲス
18 MF アンドレス・グアルダード
19 DF アントニオ・バラガン
20 FW クリスティアン・イダルゴ
21 MF フアン・カルロス・バレロン
24 MF ホアン・ベルドゥ
25 DF フィリペ・ルイス
26 MF イアゴ
35 FW ルベン・リベラ
36 FW シスコ
― MF アンヘル・ラフィタ
― DF ロドリ
― FW ルーベン・カストロ
― MF モモ
― MF イバン・カリル
― DF アイタミ・アルティレス
― GK マヌ
― FW ハイロ・アルバレス
― DF パブロ・アモ

監督
― ミゲル・アンヘル・ロティーナ


▽07/08移籍

in
― ミゲル・アンヘル・ロティーナ fromレアル・ソシエダ
MF アンヘル・ラフィタ fromレアル・サラゴサ
DF ロドリ fromアルメリア
MF アンドレス・グアルダード fromアトラス
DF アイタミ・アルティレス fromラス・パルマス

out
DF ホアン・カプデビラ toビジャレアル
FW アンヘル・アリスメンディ toバレンシア
DF ジョルジュ・アンドラーデ toユヴェントス
MF アルド・ドゥシェル toラシン
DF ファンマ toテネリフェ


■デポルティーボ・ラ・コルーニャの歴代監督

ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2007 - 現在
ホアキン・カパロス 2005 - 2007
ハビエル・イルレタ 1998 - 2005
カルロス・アウベルト・ダ・シウバ 1997 - 1998
ジョン・トシャック 1995 - 1997


■デポルティーボ・ラ・コルーニャの歴代所属選手

▽GK
ペトル・コウバ(チェコ) 1996 - 1997, 1999 - 2001
ヌーノ・サント(ポルトガル) 1996 - 2002
ペーター・ルファイ(ナイジェリア) 1997 - 1999
フランシスコ・モリーナ(スペイン) 2000 - 2006
ダニ・マージョ(スペイン) 2001 - ?
グスタボ・ムヌア(ウルグアイ) 2003 -
ジャック・ソンゴォ(カメルーン) 2003 - 2004
ドゥドゥ・アワット(イスラエル) 2006 -

▽DF
イリアン・キリアコフ(ブルガリア)
エルデル・クリストバン(ポルトガル)
ミロスラフ・ジュキッチ(セルビア) 1990 - 1997
ジェローム・ボニセル(フランス) 1996 - 1999
ヌルディーヌ・ナイベト(モロッコ) 1996 - 2004
ガブリエル・シュレール(アルゼンチン) 1998 - 2000
エンリケ・ロメロ(スペイン) 1998 - 2006
セサル・マルティン(スペイン) 1999 - 2006
マヌエル・パブロ(スペイン) 1999 -
ホアン・カプデビラ(スペイン) 2000 - 2007
ゴラン・ジョロビッチ(セルビア) 2001 - 2003
ジョルジュ・アンドラーデ(ポルトガル) 2002 - 2007
ファブリシオ・コロッチーニ(アルゼンチン) 2005 -
ファンマ(スペイン) 2005 -
アントニオ・バラガン(スペイン) 2006 -
アルベルト・ロポ(スペイン) 2006 -
ロドリ(スペイン) 2007 -

▽MF
ステファン・ジアーニ(フランス)
ルイス・スアレス(スペイン) 1953 - 1954
フラン(スペイン) 1987 - 2005
ドラガン・カナトラロフスキー(マケドニア) 1990 - 1992
ドナト(スペイン) 1993 - 2003
ブランコ・ミロバノビッチ(セルビア) 1995 - 1996
フラビオ・コンセイソン(ブラジル) 1996 - 2000
コランタン・マルタン(フランス) 1996 - 1997, 1998
リバウド(ブラジル) 1996 - 1997
ジャウミーニャ(ブラジル) 1997 - 2002、2003 - 2004
リオネル・スカローニ(アルゼンチン) 1997 - 2006.1
ムスタファ・ハッジ(モロッコ) 1997 - 1999
セザール・サンパイオ(ブラジル) 1999 - 2001
マウロ・シウバ(ブラジル) 1999 - 2005
ビクトル・サンチェス(スペイン) 1999 - 2006
スラビシャ・ヨカノビッチ(セルビア) 1999 - 2000
エメルソン(ブラジル) 2000 - 2002
アルド・ドゥシェル(アルゼンチン) 2000 - 2007
フアン・カルロス・バレロン(スペイン) 2000 -
セルヒオ・ゴンサレス(スペイン) 2001 -
ホセ・アマビスカ(スペイン) 2001 - 2004
"トロ"・アクーニャ(パラグアイ) 2002 - 2003、2004 - 2006
ペドロ・ムニティス(スペイン) 2003 - 2006
イアゴ(スペイン) 2005 -
ジュリアン・デ・グスマン(カナダ) 2005 -
パブロ・アルバレス(スペイン) 2006 -
ファビアン・エストヤノフ(ウルグアイ) 2006 -
ホアン・ベルドゥ(スペイン) 2006 -
ファン・ロドリゲス(スペイン) 2006 -
アドリアン・ロペス(スペイン) 2006 -
アンヘル・ラフィタ(スペイン) 2007 -

▽FW
エミール・コスタディノフ(ブルガリア)
サラヘディヌ・バシール(モロッコ)
アマンシオ・アマーロ(スペイン) 1958 - 1962
ベベット(ブラジル) 1992 - 1996
フリオ・サリナス(スペイン) 1994 - 1995
アイトール・ベギリスタイン(スペイン) 1995 - 1997
ドミトリー・ラドチェンコ(ロシア) 1995 - 1996
ミカエル・マダール(フランス) 1996 - 1997
ルイゾン(ブラジル) 1997 - 1998
セバスティアン・アブレウ(ウルグアイ) 1996 - 1997
ペドロ・パウレタ(ポルトガル) 1998 - 2000
ロイ・マカーイ(オランダ) 1999 - 2003
ディエゴ・トリスタン(スペイン) 2000 - 2006
ワルテル・パンディアーニ(ウルグアイ) 2000 - 2005.1
アルベルト・ルケ(スペイン) 2002 - 2005
アンヘル・アリスメンディ(スペイン) 2005 - 2007
セバスティアン・タボルダ(ウルグアイ) 2005 -
リキ(スペイン) 2006 -
クリスティアン(スペイン) 2006 -
ロドルフォ・ボディポ(赤道ギニア) 2006 -
ルベン・リベラ(スペイン) 2006 -
フィリペ・ルイス(ブラジル) 2006 -


■「デポる」「デポられる」

全盛期のデポルティボは、強豪相手に爆発的な勝利をおさめることも多かった反面、格下相手にあっけなく惨敗してしまう場面も多かった(アウェーでASモナコに3-8という記録的大敗を喫したり、やはりACミラン相手にアウェーの第1戦を1-4で落とすも、ホームの第2戦で4-0とやり返してACミランを撃破した2003-2004シーズンのUEFAチャンピオンズリーグにおける浮き沈みの激しい成績が記憶に新しい)。その落差の激しさから、日本の一部のサッカーファンの間では、爆発的な大勝を収めることを「デポる」、大敗することを「デポられる」という表現が用いられることになった。この表現は現在でも、ネット上のサッカー掲示板などで度々用いられている場面を目にすることができる。





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/561-089da3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。