サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーにおけるオフサイドは一言で簡潔に述べると、オフサイドポジションにいる選手に対してパスを出す事を禁止するルールと言える。主審からは見えにくいことが多く、オフサイドの判定には副審が重要な役割を果たしている。

オフサイドポジションになる選手は、以下の条件を全て満たした場合である。

①相手陣内にいる。
②ボールより前にいる。
③相手の2番目に後ろの選手よりゴールラインに近い位置にいる。通常はゴールキーパーが最後尾なので、前にフィールドプレーヤーが1人いることが目安になる。

近年はルールが複雑となり、下記のように変更されている。

▽上記の条件の際にフィールドを縦に3分割し、パスの出た先がオフサイドポジションの選手と違う位置で、かつその選手が以降のプレイでボールに影響するプレイ(その位置からボールに向かって走る等)をしていない場合は、オフサイドを適用しない。

この条件を全て満たした選手にパスを送ると、オフサイドが適用され、相手の間接フリーキックにより試合は再開される。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/53-eb5bb5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。