サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アヤックス・アムステルダム(Amsterdamsche Football Club Ajax )は、オランダ・アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブチーム。

エールディヴィジに所属し、略称はAFCアヤックスまたは単にアヤックス。1900年に創立された。ヨハン・クライフの出身クラブであり、UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)三連覇の実績もある名門クラブである。

日本ではPSVアイントホーフェン、フェイエノールトとともにオランダを代表する強豪クラブとして知られている。 白地に中心が赤色のユニフォームは有名。育成とスカウティングに優れ、毎年のように若く優秀な選手が輩出されることからスター生産工場とも呼ばれている。 世界でも屈指のユース施設を所有しており、これまでも数多くの名選手を輩出してきたクラブである。


■アヤックス・アムステルダムの歴史

アムステルダムの小さなカフェからアヤックスは生まれた。名前の由来はギリシャ神話に登場するアイアスと言う人物からとったものである。(アイアスをローマ神話ではアヤックス、フランス語でアジャックスと読む)この小さなクラブは徐々に力をつけ、後に欧州でも5本の指に入るほどの名門クラブへと成長していった。

▽第一次黄金期 
リヌス・ミケルス監督がトータルフットボールを作り、ヨハン・クライフらがそれを実践した時代である。チャンピオンズカップ1968-1969シーズン、決勝でACミランに1-4で敗れたものの、翌シーズンはクライフのほかニースケンスやハーンなどの若手が現れ育ち、1970-1971シーズンからチャンピオンズカップ3連覇を果たす。

▽第二次黄金期 
チャンピオンズリーグ1994-1995シーズン決勝では、エドウィン・ファン・デル・サール、ミハエル・ライツィハー、ダニー・ブリント、フランク・ライカールト、デブール兄弟、エドガー・ダーヴィッツ、クラレンス・セードルフ、ヤリ・リトマネン、パトリック・クライファート、フィニディー・ジョージ、マルク・オーフェルマルスなどを率いてイタリアの名門ACミランを1-0で降し4度目の欧州制覇を成し遂げている。またこの年には、トヨタカップで来日しブラジルの名門グレミオをPK戦の末辛くも勝利、クラブ世界一のタイトルを手にしている。

翌年1995-1996シーズンには、再びチャンピオンズリーグ決勝の舞台に上がって来たが、ぺルッツィ、デル・ピエロ、ジダンなどを率いた名門ユベントスにPK戦の末敗れている。なお1994-1995シーズンから1995-1996シーズンでユベントスに敗れるまでチャンピオンズリーグ19戦無敗という記録を打ち立てている。当時ルイス・ファン・ハール監督が「我々は負けることに慣れていない」という名言を残しているぐらい当時のアヤックスは強すぎた。しかし、この第二次黄金期のメンバーは、ボスマン判決の影響を受け、チームの主力、有望な若手をごっそりとられ世代交代がうまくいかず、それ以後なかなか欧州の大会でいい成績を残せていない。

この強さの秘密は、ユース育成プログラムにある。ヨハン・クライフがクラブのテクニカル・ディレクターに就任した85年以降、若手の育成が重視され、アムステルダムには最先端の育成施設が設けられた。そして、その育成プログラムにより生み出されたセードルフ、クライファートなど10代の若手選手とライカールト、ブリントなどのベテラン選手がうまく融合されたチームであった。

なおこの業績が認められ、UEFAからチャンピオンズリーグ通算5度以上、または3連覇を成し遂げたチームがつけられる「レジェンド」ユニフォームの左袖につけるワッペンの資格を与えられている。他には、レアル・マドリード、ACミラン、リヴァプール、バイエルン・ミュンヘンが有名である。


■アヤックス・アムステルダムのユース育成プログラム

アヤックスは、構築されたユース育成プログラム、国際的なスカウティングシステム、そしてトップスポーツを行うための素晴らしい環境を誇る。 スカウティングでは

テクニック(T)主にワンタッチプレーやトラップ技術
インテリジェンス(I)試合の流れを読む洞察力
パーソナリティ(P)人格、思いやり
スピード(S)「100mを何秒で走るか」ではなく、走り出しのタイミング

の「TIPS」を重視。8歳以上を対象にスカウティングを開始、外国籍の選手は、プレースタイルや文化、オランダ語を習得させるため、最低2~3年はアヤックスで教育させる。セレクションはシーズンごとに1~2回、8~13歳の、オランダ国内全土から家族と一緒に居住する者を対象に実施しており、毎年3000~5000人の中から約30人程が選ばれる。 そして、この中からトップチームへ上がれるのはほんの一握りである。

ユースは年齢別に5つのカテゴリーに分かれている、U9~U18までの10チームで構成されていて。目標は「世界に通用する選手の育成」 プログラムには技術、戦術、身体能力、社会適性力、ルール、健康管理、規律の向上などのさまざまな項目が設定され、サッカーだけに傾倒しない基本的な教育がされている。 最近では、ユース部門に外国籍枠が新たに設立された。


■アヤックス・アムステルダムのタイトル

▽国内タイトル

リーグ : 29回
1917-1918、1918-1919、1930-1931、1931-1932、1933-1934、1936-1937、1938-1939、1946-1947、1956-1957、1959-1960、1965-1966、1966-1967、1967-1968、1969-1970、1971-1972、1972-1973、1976-1977、1978-1979、1979-1980、1981-1982、1982-1983、1984-1985、1989-1990、1993-1994、1994-1995、1995-1996、1997-1998、2001-2002、2003-2004

オランダ・カップ : 17回
1916-1917、1942-1943、1960-1961、1966-1967、1969-1970、1970-1971、1971-1972、1978-1979、1982-1983、1985-1986、1986-1987、1992-1993、1997-1998、1998-1999、2001-2002、2005-2006、2006-2007

オランダ・スーパーカップ : 6回
1993年、1994年、1995年、2002年、2005年、2006年、


▽国際タイトル

UEFAチャンピオンズカップ / UEFAチャンピオンズリーグ : 4回
1970-1971、1971-1972、1972-1973、1994-1995

UEFAカップウィナーズカップ : 1回
1986-1987

UEFAカップ : 1回
1991-1992

UEFAスーパーカップ : 3回
1972年、1973年、1995年

インターコンチネンタル・カップ / トヨタカップ : 2回
1972年、1995年


■アヤックス・アムステルダムの過去の成績

1975-1976 エールディヴィジ 3位
1976-1977 エールディヴィジ 1位
1977-1978 エールディヴィジ 2位
1978-1979 エールディヴィジ 1位
1979-1980 エールディヴィジ 1位
1980-1981 エールディヴィジ 2位
1981-1982 エールディヴィジ 1位
1982-1983 エールディヴィジ 1位
1983-1984 エールディヴィジ 3位
1984-1985 エールディヴィジ 1位
1985-1986 エールディヴィジ 2位
1986-1987 エールディヴィジ 2位
1987-1988 エールディヴィジ 2位
1988-1989 エールディヴィジ 2位
1989-1990 エールディヴィジ 1位
1990-1991 エールディヴィジ 2位
1991-1992 エールディヴィジ 2位
1992-1993 エールディヴィジ 3位
1993-1994 エールディヴィジ 1位
1994-1995 エールディヴィジ 1位
1995-1996 エールディヴィジ 1位
1996-1997 エールディヴィジ 4位
1997-1998 エールディヴィジ 1位
1998-1999 エールディヴィジ 6位
1999-2000 エールディヴィジ 5位
2000-2001 エールディヴィジ 3位
2001-2002 エールディヴィジ 1位
2002-2003 エールディヴィジ 2位
2003-2004 エールディヴィジ 1位
2004-2005 エールディヴィジ 2位
2005-2006 エールディヴィジ 4位
2006-2007 エールディヴィジ 2位


■アヤックス・アムステルダムの歴代監督

ジョン・キーワン 1910-1915
ジャック・レイノルズ 1915-1925
ハロルド・ローズ 1925-1926
スタンリー・キャッスル 1926-1928
ジャック・レイノルズ 1928-1940
ヴィルモス・ハルパーン 1940-1941
ドルフ・ファン・コール 1941-1945
ジャック・レイノルズ 1945-1947
ロバート・スミス 1947-1948
ウォルター・クルーク 1948-1950
ロバート・トムソン 1950-1953
ウォルター・クルーク 1953-1954
カール・ヒューメンベルガー 1954-1959
ビク・バッキンガム 1959-1961
ケイス・シュプルゲオン 1961-1962
ペピ・グルーベル 1962-1963
ジャック・ローレイ 1963-1964
ビク・バッキンガム 1964-1965
リヌス・ミケルス オランダ 1965-1971
ステファン・コバクス 1971-1973
ジョージ・クノベル 1973-1974
ハンス・クラーイ 1974-1975
リヌス・ミケルス オランダ 1975-1976
トミスラフ・イビッチ 1976-1978
コル・ブロム 1978-1979
レオ・ベーンハッカー 1979-1981
クルト・リンデル 1981-1982
ア・デモス オランダ 1982-1985
ヨハン・クライフ オランダ 1985-1988
クルト・リンデル 1988-1989
レオ・ベーンハッカー オランダ 1989-1991
ルイス・ファン・ハール オランダ 1991-1997
モルテン・オルセン 1997-1998
ヤン・ボウタース オランダ 1998-2000
ハンス・ベッセルホフ オランダ 2000
コー・アドリアンセ オランダ 2000-2001
ロナルド・クーマン オランダ 2001-2005
ダニー・ブリント オランダ 2005-2006
ヘンク・テン・カテ オランダ 2006-


■アヤックス・アムステルダムの現所属選手

▽GK
01 マールテン・ステケレンブルフ 2002 - fromアカデミー
12 ケネト・フェルメール 2005 - fromアカデミー
30 デニス・ヘンテナール 2006 - fromドルトムント
32 マルコ・ファン・ダイン 2005 - fromアカデミー

▽DF
02 ヨニー・ハイティンハ 2001 - fromアカデミー
03 ヤープ・スタム 2006 - fromACミラン
04 トーマス・フェルメーレン 2003 - fromロイヤル・アントワープ
05 ウルビー・エマヌエルソン 2005 - fromアカデミー
20 ゲオルゲ・オガラル 2006 - fromステアウア・ブカレスト
22 ズデネク・グリゲラ 2003 - fromスパルタ・プラハ
35 グレゴリー・ファン・デル・ヴィール 2006 - fromアカデミー

▽MF
06 ヘドヴィヘス・マドゥロ 2005 - fromアカデミー
10 ヴェスレイ・スナイデル 2002 - fromアカデミー
13 エドガー・ダーヴィッツ 2007 - from トッテナム
14 ロジェール・ガルシア 2006 - fromビジャレアルCF
15 オラフ・リンデンベルフ 2005 - fromAZアルクマール
18 ガブリ・ガルシア 2006 - fromFCバルセロナ
25 ジェフリー・サルポンク 2006 - fromアカデミー
36 ミッチェル・ドナルト 2007 - fromアカデミー
39 ムラト・イルディリム 2007 - fromアカデミー

▽FW
08 ライアン・バベル 2004 - fromアカデミー
09 クラース=ヤン・フンテラール 2006 - fromヘーレンフェーン
11 ケネト・ペレス 2006 - fromAZ
16 トム・デ・ムル 2003 - fromアカデミー
21 ニコラエ・ミテア 2003 - fromディナモ・ブカレスト
23 レオナルド 2007 - NACブレダ
26 エドガル・マヌチャリアン 2005 - from FCピュニク
34 ヨン・ホーセンス 2007 - fromアカデミー
38 ヤヴィエル・マルティナ 2007 - fromアカデミー

ローン移籍選手

オランダ

17 ミヒャエル・クローン=デーリ toスパルタ・ロッテルダム
23 エマニュエル・ボアキエ toヘラクレス・アルメロ
24 ロベルト・スヒルデル toヘラクレス・アルメロ
28 ヤン・ヘルトンヘン toRKCヴァールヴァイク
29 リデル・プーポン toヴィレムII
31 ドノヴァン・スラインハルト toFCフローニンゲン


■アヤックス・アムステルダムの歴代所属選手

▽GK
エドウィン・ファン・デル・サール(オランダ) 1990-1999
ボグダン・ロボンツ(ルーマニア) 2000-2002、2003-2006

▽DF
ロナルド・クーマン(オランダ) 1983-1986
ダニー・ブリント(オランダ)1986-1999
フランク・デ・ブール(オランダ) 1987-1991、1993-1999
ミハエル・ライツィハー(オランダ)1990-1992、1994-1996
アンドレ・オーイエル(オランダ) 1993-1994
マリオ・メルヒオット(オランダ) 1996-1999
クリスティアン・キヴ(ルーマニア) 1999-2003
ペトリ・パサネン(フィンランド) 2000-2004
マクスウェル・シェレル・カベリーノ・アンドラーデ (ブラジル) 2001-2005 
ハテム・トラベルシ (チュニジア) 2001-2006
ジュリアン・エスキュデ (フランス) 2003-2006
ズデネク・グリゲラ (チェコ) 2003-2007
ヤープ・スタム (オランダ) 2006-

▽MF
アドリアナス・ハーン(オランダ) 1970-1974
ヨハン・ニースケンス(オランダ) 1970-1974
ジェラルド・ファネンブルグ(オランダ) 1980-1986
ヨン・ファント・シップ(オランダ) 1981-1992
ヤン・ボウターズ(オランダ) 1986-1991
リチャード・ビチュへ(オランダ) 1986-1987、1990-1991
ロナルド・デ・ブール(オランダ)1987-1991、1992-1999
フランク・ライカールト(オランダ) 1980-1988、1993-1995
エドガー・ダーヴィッツ(オランダ) 1991-1996、2007-
アーロン・ヴィンター(オランダ) 1985-1992、1999-2001、2002-2003
クラレンス・セードルフ(オランダ) 1992-1995
デニー・ランツァート(オランダ) 1995-1996
サンデー・オリセー(ナイジェリア) 1997-1999
ミカエル・ラウドルップ(デンマーク) 1997-1998
ラファエル・ファン・デル・ファールト(オランダ) 1999-2005
トマーシュ・ガラーセク(チェコ) 2000-2006
スティーブン・ピーナール (南アフリカ共和国) 2001-2006
ニヘル・デ・ヨンク(オランダ) 2002-2006
ヴェスレイ・スナイデル(オランダ)2002-
ガブリ・ガルシア(スペイン) 2006-

▽FW
リヌス・ミケルス(オランダ) 1946-1958
ヨハン・クライフ(オランダ) 1964-1973 
マルコ・ファン・バステン(オランダ) 1981-1987
デニス・ベルカンプ(オランダ) 1986-1993
マルク・オーフェルマルス(オランダ) 1992-1998
ヤリ・リトマネン(フィンランド) 1992-1999、2002-2004
ヌワンコ・カヌ(ナイジェリア) 1993-1996
フィニディ・ジョージ(ナイジェリア) 1993-1996
パトリック・クライファート(オランダ) 1994-1997
ティジャニ・ババンギダ(ナイジェリア) 1996-2000
ベネディクト・マッカーシー(南アフリカ共和国) 1997-1999
アンディ・ファン・デル・メイデ(オランダ) 1997-1999、2000-2003
ブライアン・ラウドルップ(デンマーク) 1999-2000
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)2001-2004
アンゲロス・ハリステアス(ギリシャ) 2004-2006
ヴェスレイ・ソンク (ベルギー) 2003-2005
アーメド・ホッサム (エジプト) 2001-2003
マルクス・ローゼンベリ (スウェーデン) 2005-2007
マウロ・ロサレス (アルゼンチン) 2004-2007
クラース=ヤン・フンテラール(オランダ) 2006-





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/511-cdb5a87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。