サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレンジ軍団(オレンジぐんだん オランダ語:Oranje(オラニエ))は、サッカーオランダ代表の愛称。ユニフォームが代々オレンジ色であることから名づけられた。オレンジ色の由来はオランダ王家の名前(オラニエ=ナッサウ家といい、かつてオランジュの領主だった)にある。


■時計仕掛けのオレンジ

また、同じオランダ代表でも強い年のチームを「時計仕掛けのオレンジ」と呼ぶことがある。どの年の代表をそう呼ぶかは、ファンタジスタの称号同様に人によってまちまちだが、天才ヨハン・クライフ、名将リヌス・ミケルスなどが活躍し、近代サッカーの戦術にも大きな影響を与えた1970年代のオレンジ軍団は確実にこの名で呼ばれるだろう。


▽ヨハン・クライフ
ヨハン・クライフ(Johan Cruijff, フルネーム:Hendrik Johannes Cruijff, 1947年4月25日 - )は、オランダ・アムステルダム(ヘームステーデ)出身の元サッカー選手、および指導者。現役時代のポジションはフォワード(センターフォワード)、攻撃的ミッドフィールダー(トップ下)。英語表記では「Cruyff」とも。

▽リヌス・ミケルス
リヌス・ミケルス(Rinus Michels,本名 Marinus Hendricks Jacobs Michels, 1928年2月9日 - 2005年3月3日)はオランダ・アムステルダム出身のサッカー選手・監督。サッカー界を代表する稀代の名将。「トータルフットボール」と称される組織戦術で、近代サッカーに一石を投じた人物。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/50-29d12321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。