サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲームメーカー(Gamemaker)とはスポーツのポジションに関連する用語。本来の英語では"Playmaker"(プレイメーカー)と呼ばれる。また、日本においては、「司令塔 」とも呼ばれる。

一般的に、アメリカン・フットボールではクォーターバックを、バスケットボールではポイントガードを(特に欧州ではポイントガードのポジションをこう呼ぶこともある)、サッカーでは攻撃的ミッドフィールダーの選手を指す。


■サッカーのゲームメーカー

一般的には、中盤でボールを回す中心となる選手のことを指す。いわゆる『司令塔』の選手。試合の流れを読んで攻撃を仕掛けたり、無理な攻撃を避けたりし、攻撃の指揮を執る。 芸術性も兼ね揃えたゲームメーカーは音楽の指揮者に例えて「コンダクター」と呼ばれる事もある。

以前はトップ下に位置する選手(背番号10の選手が多い)がこう呼ばれたが、近年のサッカーでは必ずしもそれが当てはまらない。 現在では、ボランチやサイドハーフの選手にもその能力が求められている。 1人の選手にではなく、複数の選手にその役割を分担させようというのが最近の流れである。

イギリスでは、プレーメーカー的な選手のことを“ジェネラル(将軍)”、または“ミッドフィールド・ジェネラル”と呼ぶ。これは、アメリカン・フットボールでクォーターバックのことを“ジェネラル”と呼んでいたことに由来する。というのもイギリスでは、伝統的にいわゆるトップ下のポジションがなかった時代が長く、日本で言う司令塔的なタイプの選手があまりいなかったこともあって、その概念自体が比較的最近になってアメリカン・スポーツから輸入されたものだからである。


■代表的なサッカーのゲームメーカー

ミシェル・プラティニ
エンツォ・シーフォ
マニュエル・ルイ・コスタ
ディエゴ・マラドーナ
ペレ
ドラガン・ストイコビッチ
ヨハン・クライフ
ゲオルゲ・ハジ
ジーコ
アンドレア・ピルロ
ジネディーヌ・ジダン
リバウド
ロナウジーニョ
カカ
ファン・ロマン・リケルメ
パブロ・アイマール
宮本輝紀
木村和司
ラモス瑠偉
フェルナンド・レドンド
ジョゼップ・グアルディオラ
カルロス・バルデラマ
ルート・フリット
セルジオ越後
ロベルト・バッジョ
シャビ
フランチェスコ・トッティ
中田英寿
中村俊輔



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/49-54ca957b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。