サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェルシー・フットボール・クラブ (Chelsea Football Club) は、イングランドのロンドン西部に本拠地を置くプロサッカークラブ。愛称はブルーズ(The Blues,そのユニフォームカラーより)。近年では、イングランドで最も成功しているクラブの一つに挙げられる。

同じロンドンを本拠地におく強豪アーセナルは労働階級のサポーターが多いのに対し、チェルシーは主に裕福層に支持されている事で知られる。 古くには凶暴なサポーターが存在する事で知られていたが、プレミアリーグ誕生以降はスタジアム整備に力を入れた事もあり、現在は問題が起こることは殆どなくなっている。


■チェルシーFCの概要

1905年に設立された伝統あるクラブだが、70年代後半から財政難に苦しみ、長らく低迷を味わった。しかし、ケン・ベイツが80年代に僅か1ポンドでクラブを買収して会長に就任して以降は状況が一変する。89年に2部で優勝し1部昇格、後に選手兼監督を務めることになるルート・フリットが加入したのを皮切りにジャンフランコ・ゾラやジャンルカ・ヴィアッリ、ロベルト・ディ・マッテオ等多くのイタリア人選手が加わった90年代半ばから、チームはリーグ戦やカップ戦で好成績を残し、強豪に返り咲く。この頃から海外の大物助っ人を有利に取り込むというチームの基本姿勢が確立した。

だがリーグでは上位に顔を出すものの2001年以降は無冠と、ピッチで補強額に見合った結果が出せず、クラブはその経営方針がたたってリーズ・ユナイテッド同様多額の負債を抱えていた。2003年7月、ロシアの大富豪・ロマン・アブラモヴィッチがチームを買収、オーナーに就任して財政危機は解消された。このことから、イギリスのタブロイド紙によって「チェルスキー」 (Chelski) とも揶揄された(-skiはロシア人などのスラヴ系民族の姓に良く使われている接尾辞)。経営陣の一人にリチャード・アッテンボローがいる。

もともと「多国籍軍団」と称され、プレミアリーグの国際化の先頭に立つチームだったが、同オーナーの就任後は以前にも増してスター選手を次々と補強していった。2003-2004年シーズン、前監督のクラウディオ・ラニエリは着実に選手をまとめ上げていったものの、当時プレミアリーグで無敗を誇ったアーセナルに追いすがることはできずリーグ2位、チャンピオンズリーグも伏兵モナコに屈して4強という成績にとどまった(ただし、決勝トーナメント準々決勝でアーセナルを破ったことは特筆すべき出来事であった)。同シーズン後に、加入した数人の大物選手は新天地を求めていった。

そして2004年夏、FCポルトで成功を収めた事で欧州に名を知らしめたジョゼ・モウリーニョが監督に就任。彼の戦術と選手たちが見事に連動し、その2004-2005シーズンでは独走で50年ぶりのリーグ優勝を果たした。(ちなみに38戦中29勝という記録を残した2004-2005シーズンでは、2004年10月19日、唯一マンチェスター・シティに1-0での敗戦を喫した。それでもホームでは、引き分けを含むと2004年3月20日から現在に至るまで負けていない。)リーグカップでも優勝し、その圧倒的な戦力からチャンピオンズリーグでの優勝も有力視されたが、事実上の決勝戦と言われたトーナメント初戦のFCバルセロナ戦は第1戦後のモウリーニョの審判批判から第1戦を吹いた審判へ脅迫文まで届き、結局その審判が引退に追い込まれる大騒動に発展した。後の第2戦ではジョン・テリーの決勝ゴールによって世紀の名勝負を逆転勝利で乗り越えた。準決勝でリバプールに敗戦を喫し、前年に続き4強にとどまった。

2005-2006シーズンでも開幕からリーグ首位を独走。一時期調子を落としたが、それでも安定した戦いを見せてリーグ連覇を達成。相変わらず、ホームでは無敵を誇り、チャールトンと引き分けた一戦を除いて全勝している。チャンピオンズリーグでは、2年連続でトーナメント初戦が対FCバルセロナとなり、この年はFCバルセロナに敗れている。

2006-2007シーズンは新加入のFWアンドレイ・シェフチェンコがチームにフィットしておらず、マンチェスター・ユナイテッドが好調なのもあり、リーグを2位で終了。UEFAチャンピオンズリーグでは、2年前と同様、準決勝でリヴァプールに敗れたが、リーグカップとFAカップのカップダブルを達成している。


■チェルシーFCのと移籍マーケット

オーナー就任当初はスター選手の大量補強で話題となった同クラブだが、モウリーニョの監督就任後は、彼の意向に沿った堅実路線で邁進している。(勿論、そこにはピーター・ケニオンの力があることは否めない。)ジョン・テリー、フランク・ランパードをといった国内選手をチームの中心に据えるという路線は今後も継続していく方針である。ただ、総資産額3兆円にも上ると噂されるアブラモヴィッチの財力を背景にした資金力は欧州随一で、提示する移籍額は相対的にも桁違いである。例え他クラブが移籍交渉を進めていても、チェルシーが介入した時点で資金力の差から獲得を断念するケースもしばしば見受けられる。そのため移籍市場のバランスを崩しているとの批判も多い。しかし一方では、この資金力を目当てに、相場を超えた移籍金をチェルシーに対し要求するクラブも多いと言われている。少なくとも、慢性的な資金不足に悩むサッカークラブにとって、チェルシーに選手を売却することは、クラブの財政には好影響を与えるものである。

2006-2007シーズン開始前のの移籍市場では、早くもACミランからウクライナ代表FWアンドレイ・シェフチェンコ、バイエルン・ミュンヘンからドイツ代表MFミヒャエル・バラックを獲得するなどレアル・マドリードに代わり移籍市場の主役になっている。
こうしたスター選手の獲得に加え、将来を有望視される若手選手の発掘もチェルシーの得意とする(ケニオンに加えて、フランク・アルネセンもいたら鬼に金棒である)ところであり、将来を見据えてラッサナ・ディアラをル・アーヴルACから獲得。最近ではノルウェーのリンとマンチェスター・ユナイテッドの共同保有選手であったナイジェリア出身19歳の若手MF、ジョン・オビ・ミケルを莫大な移籍金で獲得(共同保有のため移籍金は半分に分割して両クラブに支払われる)し、またオランダのフェイエノールトからはこちらも弱冠20歳のFW、サロモン・カルーも新たに加えている。


■チェルシーFCの獲得タイトル

▽国内タイトル

リーグ : 3回
1954-1955、2004-2005、2005-2006

FAカップ : 4回
1969-1970、1996-1997、1999-2000、2006-2007

リーグカップ : 4回
1964-1965、1997-1998、2004-2005、2006-2007

コミュニティーシールド : 3回
1955年、2000年、2005年


▽国際タイトル

UEFAカップウィナーズカップ : 2回
1970-1971、1997-1998

UEFAスーパーカップ : 1回
1998年


■チェルシーFCの現所属選手

03.02.2007現在 (選手の加入年で5~8月以外は月を表示)

▽GK
1 ペトル・ツェフ レンヌ 2004 -
22 マグヌス・ヘドマン セルティック 2006.11 -
23 カルロ・クディチーニ カステル・ディ・サングロ 2000 -
40 エンリケ・イラーリオ ナシオナル 2006 -
41 イヴ・マカバ=マカランビー PSV 2003 -

▽ DF
2 グレン・ジョンソン ウェストハム 2003 -
3 アシュリー・コール アーセナル 2006 -
6 リカルド・カルバーリョ ポルト 2004 -
9 ハリド・ブラルーズ HSV 2006 -
14 ジェレミ・ヌジタップ レアル・マドリード 2003 -
18 ウェイン・ブリッジ サウサンプトン 2003 -
20 パウロ・フェレイラ ポルト 2004 -
26 ジョン・テリー アカデミー 1998 - captain
43 ライアン・バートランド ジリンガム 2006 -
44 マイケル・マンシェン アカデミー 2005 -
51 サム・ハッチンソン アカデミー 2007 -

▽MF
4 クロード・マケレレ レアル・マドリード 2003 -
5 マイケル・エッシェン リヨン 2005 -
8 フランク・ランパード ウェストハム 2001 - vice captain
10 ジョー・コール ウェストハム 2003 -
12 ミケル リン・オスロ 2006 -
13 ミヒャエル・バラック バイエルン 2006 -
16 アリエン・ロッベン PSV 2004 -
19 ラッサナ・ディアラ ル・アーヴル 2005 -
24 ショーン・ライト=フィリップス マンチェスター・シティ 2005 -
30 アンソニー・グラント アカデミー 2004 -
46 ジミー・スミス アカデミー 2005 -
48 マイケル・ウッズ リーズ・ユナイテッド 2006.1 -
50 リー・ソウヤー アカデミー 2007 -
― スティーヴ・シドウェル レディング 2007 -

▽FW
7 アンドリー・シェフチェンコ ミラン 2006 -
11 ディディエ・ドログバ マルセイユ 2004 -
21 サロモン・カルー フェイエノールト 2006 -
47 ベン・サハル ハポエル・テル=アヴィヴ 2006 -
49 スコット・シンクレア ブリストル・ローヴァーズ 2007.1 -
― クラウディオ・ピサーロ バイエルン・ミュンヘン 2007 -

▽監督
― ジョゼ・モウリーニョ ポルト 2004 -


■チェルシーFCのローン移籍選手

out
― FW エルナン・クレスポ toインテル (2 years loan)
― DF アレックス toPSV
― DF アウシデス toPSV (2 years loan)


▽07/08移籍

in
MF スティーブ・シドウェル from レディング
FW クラウディオ・ピサーロ from バイエルン・ミュンヘン

out
DF ヌーノ・モライス to アポエル・ニコシア(キプロス)


■チェルシーFCの歴代監督

John Tait Robertson スコットランド 1905-1907
David Calderhead スコットランド 1907-1933
レスリー・ナイトン イングランド 1933-1939
William Billy Birrell スコットランド 1939-1952
テッド・ドレイク イングランド 1952-1961
トミー・ドハーティ スコットランド 1962-1967
デーブ・セクストン イングランド 1967-1974
ロン・スアート イングランド 1974-1975
エディー・マクリーディー スコットランド 1975-1977
ケン・シェリトー イングランド 1977-1978
ダニー・ブランチフラワー 北アイルランド 1978-1979
ジェフ・ハースト イングランド 1979-1981
ジョン・ニール イングランド 1981-1985
ジョン・ホリンズ イングランド 1985-1988
ボビー・キャンベル イングランド 1988-1992
イアン・ポーターフィールド スコットランド 1992-1993
デビッド・ウェブ イングランド 1993
グレン・ホドル イングランド 1993-1996
ルート・フリット オランダ 1996-1998
ジャンルカ・ヴィアリ イタリア 1998-2000
クラウディオ・ラニエリ イタリア 2000-2004
ジョゼ・モウリーニョ ポルトガル 2004-


■チェルシーFCの歴代所属選手

▽GK
ケヴィン・ヒッチコック(イングランド) 1988-2001
ドミトリー・ハーリン(ロシア) 1992 - 1999
エト・デ・フーイ(オランダ) 1997 - 2003
マーク・ボスニッチ(オーストラリア) 2001 - 2003
カルロ・クディチーニ(イタリア) 1998 -
ペトル・チェフ(チェコ) 2004 -
エンリケ・イラリオ(ポルトガル) 2006 -
マグヌス・ヘドマン(スウェーデン) 2006.11 -

▽DF
スティーブ・クラーク(スコットランド) 1987-1998
マイケル・デュベリー(イングランド) 1993-1999
エメルソン・トーメ(ブラジル)1999-2000
ダン・ペトレスク(ルーマニア) 1995-2000
フランク・ルブーフ(フランス) 1996 - 2001
グレアム・ル・ソー(イングランド) 1987-1993&1997 - 2003
セレスティン・ババヤロ(ナイジェリア) 1997 - 2004
ベルナール・ランブルド(フランス) 1997 - 2001
ジョン・ハーリー(イングランド) 1996-2001
アルベルト・フェレール(スペイン) 1998 - 2003
マルセル・デサイー(フランス) 1998 - 2004
マリオ・メルヒオット(オランダ) 1999 - 2004
クリスティアン・パヌッチ(イタリア) 2000
ウィンストン・ボハルデ(オランダ) 2000 - 2004
ウィリアム・ギャラス(フランス) 2001 - 2006
ロベルト・フート(ドイツ) 2001 - 2006
ジョン・テリー(イングランド) 1998 -
ジェレミ・ヌジタップ(カメルーン) 2003 -
ウェイン・ブリッジ(イングランド) 2003 -
リカルド・カルバーリョ(ポルトガル) 2004 -
パウロ・フェレイラ(ポルトガル) 2004 -
アシュリー・コール(イングランド) 2006 -
ハリド・ブラルーズ(オランダ) 2006 -

▽MF
テリー・ヴェナブルズ(イングランド)1960 - 1966
レイ・ウィルキンス(イングランド)1973 - 1979
デニス・ワイズ(イングランド) 1990 - 2001
グレン・ホドル(イングランド) 1993 - 1995
ジョディ・モリス(イングランド) 1995 - 2003
ロベルト・ディ・マテオ(イタリア) 1996 - 2002
グスタボ・ポジェ(ウルグアイ) 1997 - 2001
サムエル・ダッラ=ボーナ(イタリア) 1998 - 2002
ディディエ・デシャン(フランス) 1999 - 2000
イェスパー・グレンケア(デンマーク) 2000 – 2004
スラビシャ・ヨカノヴィッチ(セルビア・モンテネグロ) 2000 – 2003
マリオ・スタニッチ(クロアチア) 2000 – 2003
ボーデウィン・ゼンデン(オランダ) 2001 - 2003
エマニュエル・プティ(フランス) 2001 - 2004
ダミアン・ダフ(アイルランド) 2003 - 2006
スコット・パーカー(イングランド) 2003 - 2005
ファン・セバスチャン・ベロン(アルゼンチン) 2003 - 2006
アレクセイ・スメルティン(ロシア) 2004.1 - 2005
チアゴ・メンデス(ポルトガル) 2005
イリ・ヤロシク(チェコ) 2004.1 - 2006
フランク・ランパード(イングランド) 2001 -
ジョー・コール(イングランド) 2003 -
クロード・マケレレ(フランス) 2003 -
アリエン・ロッベン(オランダ) 2004 -
マイケル・エッシェン(ガーナ) 2005 -
ラッサナ・ディアラ(フランス) 2005 -
ショーン・ライト=フィリップス(イングランド) 2005 -
ジョン・オビ・ミケル(ナイジェリア) 2006 -
ミヒャエル・バラック(ドイツ) 2006 -

▽FW
ジミー・グリーブス(イングランド) 1957 - 1961
マーク・ヒューズ(ウェールズ) 1995 - 1998
ルート・フリット(オランダ) 1995 - 1997
ジャンルカ・ヴィアッリ(イタリア) 1996 - 2000
トーレ・アンドレ・フロー(ノルウェー) 1997 - 2000
ブライアン・ラウドルップ(デンマーク) 1998 - 1999
ピエルルイジ・カジラギ(イタリア) 1998 - 2000
ミカエル・フォルセル(フィンランド) 1998 - 2005
クリス・サットン(イングランド) 1999 - 2000
ジャンフランコ・ゾラ(イタリア) 1996 - 2003
エイドゥル・グジョンセン(アイスランド) 2000 - 2006
ジョージ・ウェア(リベリア) 2000
ジミー・フロイド・ハッセルバインク(オランダ) 2000 - 2004
カールトン・コール(イングランド) 2001 - 2006
アドリアン・ムトゥ(ルーマニア) 2003 - 2004
エルナン・クレスポ(アルゼンチン) 2003 - 2006
マテヤ・ケジュマン(セルビア) 2004 - 2005
ディディエ・ドログバ(コートジボワール) 2004 -
サロモン・カルー(コートジボワール) 2006 -
ベン・サハル(イスラエル) 2006 -
アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ) 2006 -







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/483-059a112e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。