サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACミラン(Associazione Calcio Milan s.p.a)は、イタリア・ミラノを本拠地とするサッカークラブチーム。クラブカラーからロッソ・ネロ(イタリア語で「赤と黒」、複数形でロッソ・ネリとも)またはディアボロ(イタリア語で「悪魔」)の愛称で呼ばれる。


■ACミランの概要

1899年にミラノ在住のイギリス人アルフレッド・エドワーズが中心となって、「ミラン・クリケット・アンド・フットボール・クラブ」(Milan Cricket and Football Club)を創設し、その後上記の通り「ミラン・アソシアツィオーネ・カルチョ」と名称は変更されたがMilanだけは英語のまま残った。(イタリア語ではMilanoである)。クラブ名のうちアソシアツィオーネAssociazioneは英語ではAssociationつまり協会でAssociazione Calcioはサッカー協会となる。つまり全体では「ミラノサッカー協会」が正しい訳語となる。Milanが英語であるため、ACの部分がAthletic Clubだと誤解される場合が多い。

同じ街の同じスタジアムを本拠地とするインテルとは永遠のライバル関係にあり、ミラノダービーと呼ばれる対戦は街を二分する盛り上がりを見せる。インテルのファン層と比較して、ACミランのファン層が庶民的であると言われている。


■ACミランの歴史

1980年代初め、八百長疑惑の制裁でセリエBに降格したが、後にイタリア首相を務めるシルヴィオ・ベルルスコーニが会長に就任して有力選手を大補強し、クラブを立て直した。当時はほぼ無名だったが、後にこのチームでサッカーに革命を起こすことになるアリゴ・サッキを監督として起用し、キャプテンのフランコ・バレージを中心に、ルート・フリット、フランク・ライカールト、マルコ・ファン・バステンといったオランダトリオの活躍もあり、1989年、1990年と立て続けにUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を制覇した。1990年代になると、バレージの他にもパオロ・マルディーニ、アレッサンドロ・コスタクルタ、デメトリオ・アルベルティーニの3人が中心になり、ファビオ・カペッロ監督(現レアル・マドリード監督)のもとで、無敗優勝を含むセリエA三連覇やチャンピオンズリーグ三年連続決勝進出などの偉業を達成した「グランデ・ミラン」(偉大なミラン)や「グリ・インヴィンチービリ」(無敵のミラン)と呼ばれる黄金期を支えた。バレージを含めたこの4人は、ミラン栄光のバンディエラ(入団から引退まで同じクラブでプレーし続けたプレーヤーを指す)と言っても過言ではない。90年代の栄光を支えたほとんどの選手が現役を引退した現在でも、2002-03シーズンのチャンピオンズリーグから5シーズンで全てのシーズンの準々決勝進出、準決勝進出4回、決勝進出3回、優勝2回と、2006年現在のUEFAチームランキング1位クラブにランクインする快進撃を続けている。チャンピオンズリーグ7回の優勝はレアル・マドリードの9回に次ぐ歴代2位の記録であり、この記録はイタリア国内でチャンピオンズリーグを制覇した経験のある他の2チームの記録(インテル・ミラノ、ユヴェントスはともに2回)を大きく引き離している。またチャンピオンズリーグで5度の優勝、或いは3連覇を達成したクラブにはビッグイヤー(優勝杯)の永久保持が認められているが、同時にビッグイヤーのロゴと優勝回数が書かれたワッペンがユニフォーム左袖につけられることが許される。このワッペンをつけているのは、ACミラン、レアル・マドリード、リヴァプールFC、アヤックス・アムステルダム、FCバイエルン・ミュンヘンの5クラブのみである。

過去40年間でこのチームのキャプテンマークを付けたのはチェーザレ・マルディーニ、ジャンニ・リベラ、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニの4人しかいない。

2006年、セリエAの審判買収疑惑を含む八百長疑惑で、2005-2006年シーズンのリーグ戦での勝ち点-44点(事実上の2006-2007年シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権剥奪)、-15点での2006-2007年国内リーグ戦開始、という処分がイタリアサッカー協会のスポーツ裁判所によって下された。しかしこれに対してクラブは上告、控訴審では処分が軽減され、2005-2006シーズンの勝ち点が-30点とされ、2006-2007年シーズンは-8点でのスタートという判決が下った。2005-2006シーズンの勝ち点は58となり、3位扱いとしてUEFAチャンピオンズリーグ出場が決まった。 この事件についてはカルチョ・スキャンダルの項を参考のこと。

2006-07シーズンでは、勝ち点-8点というハンディキャップ以上に、移籍したストライカーアンドリー・シェフチェンコの穴を埋めることが出来ずに苦しんだ。そして2007年1月、レアル・マドリードで出場機会を失っていたロナウドを完全移籍で獲得した。ロナウド加入後、チームのコンディションは徐々に上昇し、最終的にシーズンのスクデット獲得はならなかったものの、4年ぶり7度目となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を勝ち取った。


■ACミランのタイトル

▽国内タイトル

スクデット:17回

1901年
1906年
1907年
1950年/1951年
1954年/1955年
1956年/1957年
1958年/1959年
1961年/1962年
1967年/1968年
1978年/1979年
1987年/1988年
1991年/1992年
1992年/1993年
1993年/1994年
1995年/1996年
1998年/1999年
2003年/2004年


コッパ・イタリア:5回

1966年/1967年
1971年/1972年
1972年/1973年
1976年/1977年
2002年/2003年


イタリア・スーパーカップ:5回

1988年
1992年
1993年
1994年
2004年


セリエB優勝:2回

1980年/1981年
1982年/1983年


▽国際タイトル
UEFAチャンピオンズリーグ(UEFAチャンピオンズカップを含む):7回

1962年/1963年
1968年/1969年
1988年/1989年
1989年/1990年
1993年/1994年
2002年/2003年
2006年/2007年


トヨタカップ:3回

1969年
1989年
1990年


UEFAスーパーカップ:4回

1989年
1990年
1994年
2003年


UEFAカップウィナーズカップ:2回

1967年/1968年
1972年/1973年


■ACミランの過去の成績

シーズン   セリエA    コパ・イタリア  チャンピオンズ・リーグ  UEFAカップ
2006-2007   4位        ベスト4        優勝
2005-2006   2位→3位     ベスト8       ベスト4
2004-2005   2位        ベスト8       準優勝
2003-2004   1位        ベスト4       ベスト8
2002-2003   3位        優勝        優勝
2001-2002   4位        ベスト4                  ベスト4
2000-2001   6位        ベスト4       2次リーグ
1999-2000   3位        ベスト8       1次リーグ 
1998-1999   1位        ベスト16
1997-1998   10位        準優勝
1996-1997   11位        ベスト8      グループリーグ
1995-1996   1位        ベスト8                  ベスト8
1994-1995   4位        ベスト16       準優勝
1993-1994   1位        ベスト32       優勝
1992-1993   1位        ベスト4       準優勝
1991-1992   1位        ベスト4
1990-1991   2位        ベスト8       ベスト8
1989-1990   2位        準優勝        優勝
1988-1989   3位        ベスト16       優勝
1987-1988   1位        ベスト16                  2回戦


■ACミランの現所属選手

監督  
カルロ・アンチェロッティ Carlo ANCELOTTI  

GK
1 ジーダ Nelson de Jesus Silva "DIDA"  
16 ゼリコ・カラッチ Zeljko Kala
29 ヴァレリオ・フィオーリ Valerio FIORI
26 マルコ・ストラーリ Marco STORARI  

DF
2 カフー Marcos Evangelista de Moraes "CAFU"  
3 パオロ・マルディーニ (主将) Paolo MALDINI (Captain)
4 カハ・カラーゼ Kakha KALADZE  
5 アレッサンドロ・コスタクルタ (副将) Alessandro COSTACURTA (Vice-captain)  
13 アレッサンドロ・ネスタ Alessandro NESTA 
17 ダリオ・シミッチ Dario  
18 マレク・ヤンクロフスキ Marek JANKULOVSKI
19 ジュゼッペ・ファヴァッリ Giuseppe FAVALLI  
24 レアンドロ・グリミ Leandro GRIMI
25 ダニエレ・ボネーラ Daniele BONERA  
44 マッシモ・オッド Massimo ODDO

MF
8 ジェンナーロ・ガットゥーゾ Gennaro Ivan GATTUSO  
10 クラレンス・セードルフ Clarence SEEDORF
20 ヨアン・グルキュフ Yoann GOURCUFF  
21 アンドレア・ピルロ Andrea PIRLO  
22 カカ Ricardo Izecson Dos Santos Leite
23 マッシモ・アンブロジーニ Massimo AMBROSINI  
27 セルジーニョ "SERGINHO"
32 クリスティアン・ブロッキ Cristian BROCCHI

FW
7 リカルド・オリヴェイラ Ricardo Oliveira  
9 フィリッポ・インザーギ Filippo INZAGHI  
11 アルベルト・ジラルディーノ Alberto GILARDINO 
15 マルコ・ボリエッロ Marco BORRIELLO  
99 ロナウド "RONALDO"


■ACミランの歴代監督

ハーバート・キルピン イングランド
エンゲルバート・クーニッヒ オーストリア 1928-1931
Jozsef Banas 1931-1933
Jozsef Violak 1933-1934
アドルフォ・バロンチェーリ イタリア 1935-1937
Joszef Banas 1937-1941
マリオ・マグノッティ イタリア 1941-1943
ジュゼッペ・サンタゴスティーノ イタリア 1943-1945
アドルフォ・バロンチェーリ イタリア 1945-1946
ジュゼッペ・ビゴーノ イタリア 1946-1949
ラヨス・セズラー スウェーデン 1949-1952
エクトル・プリチェッリ イタリア 1954-1956
ジュゼッペ・ヴィアーニ イタリア 1956-1958
ルイジ・ボニッツォーニ イタリア 1958-1960
パオロ・トデスキーニ イタリア 1960-1961
ネレオ・ロッコ イタリア 1961-1963
ルイス・カニージャ 1963-1964
ニリス・リードホルム スウェーデン 1964-1966
アルトゥーロ・シルベストリ イタリア 1966-1967
ネレオ・ロッコ イタリア 1967-1974
ジョバンニ・トラパットーニ イタリア 1974
グスタボ・ジアニョーニ 1974-1975
ジョバンニ・トラパットーニ イタリア 1975-1976
ジュゼッペ・マルキオーロ イタリア 1976-1977
ネレオ・ロッコ イタリア 1977
ニリス・リードホルム スウェーデン 1977-1979
マッシモ・ジャコミーニ イタリア 1979-1981
ルイジ・ラディーチェ イタリア 1981-1982
エリオ・ガルビアーティ 1982
イラリオ・カスタニェル イタリア 1982-1984
エリオ・ガルビアーティ 1984
ニリス・リードホルム スウェーデン 1984-1987
ファビオ・カペッロ イタリア 1987
アリゴ・サッキ イタリア 1987-1991
ファビオ・カペッロ イタリア 1991-1996
オスカル・ワシントン・タバレス ウルグアイ 1996
アリゴ・サッキ イタリア 1996-1997
ファビオ・カペッロ イタリア 1997-1998
アルベルト・ザッケローニ イタリア 1998-2001
チェーザレ・マルディーニ イタリア 2001
ファティ・テリム トルコ 2001
カルロ・アンチェロッティ イタリア 2001-


■ACミランの永久欠番

6-フランコ・バレージ
3-パオロ・マルディーニ(現役だが既に決定している)


■ACミランの歴代所属選手

▽GK
ロレンツォ・ブッフォン (1949-1959)
ジョルジョ・ゲッツィ (1959-1965)
ファビオ・クディチーニ (1967-1973)
エンリコ・アルベルトージ (1974-1980)
ジョバンニ・ガッリ (1986-1990)
フランチェスコ・トルド (1989-1990)
セバスティアーノ・ロッシ (1990-2003)
イェンス・レーマン (1997-1998)
クリスティアン・アッビアーティ (1998-2005)
ディミトリオス・エレフテロプーロス (2005)

▽DF
チェーザレ・マルディーニ (1954-1966)
カール=ハインツ・シュネリンガー (1965-1974)
フランコ・バレージ (1974-1996)
マウロ・タソッティ (1980-1997)
フィリッポ・ガッリ (1981-1982, 1983-1986)
エリック・ゲレツ (1983-1984)
アレッサンドロ・コスタクルタ (1985-1986, 1987-2007)
ジャンルカ・ペッソット (1988-1989)
ジュゼッペ・ザッペッラ (1991-1993)
クリスティアン・パヌッチ (1993-1996)
フランチェスコ・ココ (1993-1997, 1998-1999, 2000-2001)
ピエトロ・ヴィエルコウッド (1996-1997)
ミハエル・ライツィハー (1996-1997)
ルイジ・サーラ (1998-2001)
トーマス・ヘルヴェグ (1998-2003)
ロベルト・アジャラ (1998-2000)
ファブリシオ・コロッチーニ (1999-2000)
ホセ・アントニオ・チャモ (2000-2003)
ロッキ・ジュニオール (2000-2003)
コスミン・コントラ (2001-2002)
マルティン・ラウルセン (2001-2004)
ジュゼッペ・パンカロ (2003-2005)
ヤープ・スタム (2004-2006)

▽MF
ニルス・リードホルム (1949-1961)
ジョバンニ・トラパットーニ (1951-1972)
ジャンニ・リベラ (1960-1979)
ジノ・サニ (1961-1964)
ファビオ・カペッロ (1976-1987)
アルベリゴ・エヴァニ (1980-1993)
ロベルト・ドナドーニ (1986-1996, 1997-1999)
カルロ・アンチェロッティ (1987-1992)
ルート・フリット (1987-1993)
フランク・ライカールト (1988-1993)
ジャンルイジ・レンティーニ (1992-1997)
デメトリオ・アルベルティーニ (1992-2002)
ズボニミール・ボバン (1992-2001)
マルセル・デサイー (1993-1998)
パウロ・フットレ (1995-1996)
エドガー・ダーヴィッツ (1996-1997)
レオナルド (1997-2001, 2002-2003)
クリスティアン・ツィーゲ (1997-1999)
イブラヒム・バ (1997-1999)
アンドレス・グリエルミンピエトロ (1998-2001)
フェルナンド・レドンド (2000-2004)
マヌエル・ルイ・コスタ (2001-2006)
ウミト・ダヴァラ (2001-2002)
リバウド (2002-2003)
ヴィカシュ・ドラソー (2004-2005)
ヨハン・フォーゲル (2005-2006)

▽FW
ジュゼッペ・メアッツァ (1940-1942)
グンナー・グレン (1949-1953)
グンナー・ノルダール (1949-1958)
フアン・スキアフィーノ (1954-1960)
ジョゼ・アルタフィーニ (1959-1965)
パオロ・ロッシ (1985-1986)
ダニエレ・マッサーロ (1986-1988, 1989-1995)
マルコ・ファン・バステン (1987-1995)
マルコ・シモーネ (1989-1997, 2001-2002)
ジャン=ピエール・パパン (1992-1994)
デヤン・サビチェビッチ (1992-1998)
フローリン・ラドチョウ (1993-1994)
ブライアン・ラウドルップ (1993-1994)
パオロ・ディ・カーニオ (1994-1996)
ロベルト・バッジョ (1995-1997)
ジョージ・ウェア (1995-2000)
クリストフ・デュガリー (1996-1997)
パトリック・クライファート (1997-1998)
オリバー・ビアホフ (1998-2001)
アンドレイ・シェフチェンコ (1999-2006)
ホセ・マリ (2000–2003)
ハビ・モレノ (2001–2002)
ヨン・ダール・トマソン (2002-2005)
エルナン・クレスポ (2004-2005)
クリスティアン・ヴィエリ (2005-2006)
マルシオ・アモローゾ (2006)








Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/452-11507d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。