サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
線審(せんしん)は、球技における審判員の種類のひとつ。主として競技場に引かれたラインと、ボールとの位置関係を判定する役割を担う。


▽サッカーにおける線審
サッカーで両方のタッチライン際に配置される審判員はかつて線審 (linesman)と呼ばれていたが、その権限が拡大したこと、また女性審判の登場で "man" の呼称がふさわしくないとの意見もあり、現在では副審 (assistant referee)と呼ばれている。

▽野球における線審
6人審判制においてライトとレフトに各1名配置される審判員をかつて線審と呼んでたが、外野の広範囲における打球の判定を行うことから、現在は外審と呼ぶ場合が多い。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/42-2db6e99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。