サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡辺 正(わたなべ まさし、1936年1月11日 - 1995年)は、日本の元サッカー選手、および指導者。選手時代のポジションはフォワード。サッカー日本代表選手として出場したメキシコシティオリンピックでは、今で言うスーパーサブ役を担い、銅メダル獲得に貢献した。晩年は日本代表監督も務めた。広島県広島市出身。


■渡辺 正の経歴

実家はお寺。子どもの頃、原爆で焼け野原になった町で、壊れた墓石運びの手伝いをさせられ、これが足腰の鍛錬になったという。広島市立基町高等学校から、同郷の名将・寺西忠成が監督を務めていた八幡製鉄サッカー部(後の新日本製鐵八幡)に入部した。当時の八幡製鉄は広島出身者が多数を占め、荒っぽい広島弁が飛び交う「野武士軍団」だったが、中でも渡辺の個性は出色で、酒豪で連夜ネオン街に繰り出し、泥靴で寝床に入ることもしばしばだったと言う。また負けず嫌いな性格から一度八幡製鉄を辞め、1958年に立教大学に進学。卒業後の1962年に再び八幡製鉄に入った。1960年前後の八幡の黄金期に中心選手として活躍。その熱血漢振りから「闘将」と呼ばれた。

1960年ローマオリンピック予選から全日本に選ばれる。1964年東京オリンピック、1968年メキシコシティオリンピック連続出場。メキシコでは、松本育夫と右ウイングの位置を分け合い、右サイドを高速で駆け上がりゴールを奪った。この大会6試合、日本の9得点のうち7得点が釜本で、あとの2得点は渡辺が挙げたものである。特に1次リーグ2戦目の対ブラジル戦では、1点リードされ敗色濃厚の後半終了間近に投入されると、杉山隆一の左からのクロスを釜本邦茂が相手選手3人に競り勝って頭で折り返し、ゴール前に詰めた渡辺がダイレクトボレーで決めた。この同点弾がなければ、銅メダルもなかった。代表通算38試合出場、Aマッチ通算13得点は歴代10位の記録。

晩年はプレーの切れ味こそ衰えたものの、ゴールへの執念はなお健在で、ゴール前のスペシャリストと呼ばれた。

1969年には八幡製鉄のプレイングマネージャーとなり、選手引退後も1975年まで監督を続けた。また1973年からは日本代表ユースコーチを兼ね、1977年日本代表コーチ、1980年日本代表監督を歴任し、木村和司、風間八宏、田嶋幸三、西村昭宏など若き才能を多く抜擢した。

しかし代表監督就任から5ヶ月でクモ膜下出血で倒れ、左半身不随となる。懸命なリハビリの末、半年後には新日鐵東京本社で業務に復帰するまで回復した。1984年、母校・立教大学サッカー部の監督に就任。1987年からは日本サッカー協会へ出向した。

1995年没。2006年、日本サッカー殿堂入り。


■渡辺 正の逸話

木村和司が明治大学在学中に日本代表に抜擢した。渡辺と同郷でもあった木村は八幡製鉄入りが確実とされていたが、諸般の事情により日産自動車に入部。このことはその後の日本リーグの勢力地図を大きく変えたといわれている。
気性の激しい選手として知られたが、松本育夫がヤマハの「つま恋ガス爆発事故」で瀕死の重傷を負い長期入院を強いられたときには、仕事の帰りに毎日見舞いに行き松本を励ました。


■渡辺 正の所属チーム

1953 - 1958 : 八幡製鐵
1958 - 1962 : 立教大学
1962 - 1969 : 八幡製鐵 通算79試合出場 19得点


■渡辺 正の代表歴

▽出場大会
ローマオリンピック予選
1962年 ワールドカップチリ大会予選
アジア競技大会 (1962,1966)
東京オリンピック(ベスト8)
メキシコシティオリンピック(銅メダル)
1970年 ワールドカップメキシコ大会予選

▽試合数
国際Aマッチ 38試合 13得点(歴代13位) (1958-1969)
国際Bマッチ 17試合 2得点 (1961-1968)
国際Cマッチ 77試合 15得点 (1957-1970)


■渡辺 正の指導経歴

1969 - 1975 : 八幡製鐵 / 新日本製鐵 監督
1979 : 日本代表 コーチ
1980 : 日本代表 監督






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/417-6f8016a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。