サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八重樫 茂生(やえがし しげお、1933年3月24日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。旧名は「茂夫」。

1968年のメキシコシティオリンピックにおいて、サッカー日本代表のキャプテンとして銅メダル獲得に貢献した「伝説のキャプテン」。ポジションは当初フォワードだったが、途中からミッドフィールダーとしてゲームメイク役を担った。

古河電気工業サッカー部では、1963年に最優秀選手に選ばれるなど活躍した後、1967年には選手兼任監督となり、Jリーグ開幕後はジェフ市原(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)でスーパーバイザーを務めた。


■八重樫 茂生の経歴

1933年、当時日本統治下にあった韓国の大田広域市で生まれる。岩手県和賀郡東和町(現花巻市)で幼少期を送る。岩手県立盛岡第一高等学校から中央大学に進学した後、早稲田大学第二商学部に編入、同卒業。

1956年のメルボルンオリンピックに出場した後、1960年に来日したデットマール・クラマーの指導を受け、1964年の東京オリンピック・1968年のメキシコシティオリンピックと都合3度のオリンピックに出場した(1960年のローマオリンピックは怪我のため出場できず、日本代表も本大会出場は出来なかった)。特に、キャプテンを務めた東京オリンピックとメキシコシティオリンピックでは釜本邦茂らをまとめ上げ、それぞれベスト8、銅メダル獲得という快挙を成し遂げた。

2005年、第1回日本サッカー殿堂入り。2006年からグルージャ盛岡のスーパーアドバイザーを務めている。


■八重樫 茂生の所属チーム

盛岡第一高校
中央大学
早稲田大学
? - 1969 : 古河電気工業サッカー部


■八重樫 茂生の指導歴

1967 - 1969 : 古河電気工業サッカー部監督(選手兼任)
1970 - ? : 日本ユース代表監督
1977 - 1978 : 富士通サッカー部監督
1985 - 1988 : 富士通サッカー部監督
1993 - ? : ジェフユナイテッド市原育成部長


■八重樫 茂生の代表歴

▽出場大会
メルボルンオリンピック
アジア競技大会 (1958, 1962, 1966)
1962年 ワールドカップチリ大会予選
東京オリンピック(ベスト8)
メキシコシティオリンピック(銅メダル)

▽試合数
国際Aマッチ 44試合 11得点 (1956-1968)
国際Bマッチ 20試合 3得点 (1956-1964)
国際Cマッチ 82試合 14得点 (1956-1968)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/415-14be23c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。