サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森 孝慈(もり たかじ、1943年11月24日 - )は、日本の元サッカー選手、監督。現役時代のポジションはミッドフィールダー。元日本代表選手で、ミドルシュートの名手として知られた。実兄はJリーグ創設へ大きな舵取り役を果たした森健兒。


■森 孝慈の経歴・人物

広島県福山市生まれ、広島市育ち。1961年、修道高等学校3年の時、国体優勝。更に全国高校サッカー選手権で釜本邦茂・二村昭雄を擁する京都府代表の山城高校を破り優勝、高校2冠を達成した。早稲田大学政治経済学部自治行政学科に進学し、2つ上の松本育夫・野村尊敬・桑田隆幸、同級生の二村、1つ下の釜本らと同大学ア式蹴球部の黄金時代を創る。1964年天皇杯では1年で日立本社(現柏レイソル)を3-0で破り、早稲田26年ぶりの天皇杯制覇に貢献。1966年には主将として無敵を誇った東洋工業(現-サンフレッチェ広島)を天皇杯で破り日本一。これは天皇杯、最後の学生優勝である。

1967年、日本サッカーリーグ (JSL) の三菱重工(現浦和レッドダイヤモンズ)に入団。杉山隆一、横山謙三らと共に主力選手として活躍し、1969年には当時日本リーグ4連覇中だった東洋工業を破り初優勝を遂げた。JSLでは通算146試合出場、28得点。また日本代表では国際Aマッチ55試合出場2得点の記録を残し、1964年の東京オリンピック、1968年のメキシコオリンピックでも活躍、メキシコオリンピックの銅メダル獲得にも貢献した。

引退後は、日本サッカー協会の指導者としてエリートコースを歩む。1980年西ドイツ留学から帰国後、川淵三郎監督下でコーチ、ワールドカップ・スペイン大会アジア予選の敗退で、翌1981年からは川淵の後を受け日本代表監督に就任。理論派と評され「日本の切り札」として期待はかつてないものであった。森は既成概念にとらわれることなく、2部リーグや大学リーグにも足を運んで選手をピックアップ、これまでにないチーム作りを行った。また代表チームの報酬金や宿泊ホテルの改善などにも尽力。1982年ニューデリー・アジア大会では韓国を初めて国外で破ったりしたが、肝心のロサンゼルスオリンピック予選は連敗を重ね敗退した。

名誉挽回で挑んだワールドカップ・メキシコ大会アジア予選では木村和司、水沼貴史、原博実ら「ペレ世代」とも言うべきテクニックのある強力メンバーを率いて快調に1次予選を突破。1985年最終予選に進出し、ワールドカップ出場まであと一歩まで迫ったが宿敵・韓国に敗れた。森ファミリーと呼ばれ強い結束力があったこのチームは「ドーハの悲劇」以前に最もワールドカップに近づいたチームとしてサッカーファンに語り継がれている。森は「韓国と日本の差はプロで有るか無いかに尽きる」と明言。完成度の高かったこのチームの敗戦によって、森を始め日本サッカー界全体がプロ化の必要性を痛感したものの、森の協会へのプロコーチとしての契約要求は受け入れられず、1986年辞任した。

1988年、兄・健兒と木之本興三が設立したJSL活性化委員会(プロリーグ化検討委員会、のちのJリーグ)に参加。また三菱自動車の清水泰男とともに、三菱の本拠地・浦和実現にも尽力した。1992年からは古巣の浦和レッドダイヤモンズの監督に就任。4-4-2が主流の当時では珍しかった3-4-3の超攻撃的フォーメーションで挑み、1992年は好成績をおさめたものの、1993年Jリーグの公式戦が開幕するとシステムが相手に研究され尽くしたのと補強の失敗、故障者続出でサントリーシリーズ、ニコスシリーズともに最下位を独走した。シーズン終了後の総括では「3年分は負けた」と語った。1994年ワールドカップ・アメリカ大会以降は3バックが世界的な流行となり、この点で森の戦術は時代を先取りしていたと言える。

1995年から1997年は横浜マリノスのゼネラルマネージャー、1998年はアビスパ福岡の監督を務め、J1参入決定戦で辛うじてJ1に残留、1999年から2001年はアビスパ福岡のフロントを務めた。2002年からレッズのGMに就任、大幅補強により2004年、レッズと埼玉県民に悲願のステージ初優勝をもたらした。2006年1月31日をもってGMを退任、チームを離れた。

弱小チームの監督を多く歴任したせいか苦虫を噛み潰したような特徴のある表情がトレードマークであった。修道高校時代の同窓に弁護士として著名な弘中惇一郎がいる。

2006年、日本サッカー殿堂入り。


■森 孝慈のエピソード

森兄弟は幼少期から広島市の中心部・国泰寺町で育ち、中学は国泰寺中学に入学したが、当時の国泰寺中学はサッカーがとても強く部員が多すぎて入れず、森孝慈は中学時代は水泳部だったという。またこの時代の広島出身の名選手・野村六彦はすぐにサッカー部に入れたが、宮本輝紀はすぐにはサッカー部に入れず、今西和男は柔道部だったという。国泰寺中学は近年、大阪桐蔭高校に進んだ中田翔の出身中学(野球部)として有名となっている。


■森 孝慈の所属チーム

1959 - 1961 : 修道高等学校
1962 - 1966 : 早稲田大学
1967 - 1977 : 三菱重工業サッカー部
日本リーグ 146試合 28得点


■森 孝慈の代表歴

▽出場大会など
東京オリンピック(ベスト8)
アジア競技大会 (1966,1970)
メキシコシティオリンピック(銅メダル)
1970年 ワールドカップメキシコ大会予選
ミュンヘンオリンピック予選
1974年 ワールドカップ西ドイツ大会予選
アジアカップ1976予選
モントリオールオリンピック予選

▽試合数
国際Aマッチ 55試合 2得点 (1966-1976)
国際Bマッチ 19試合 2得点 (1967-1975)
国際Cマッチ 79試合 6得点 (1965-1975)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/414-c1d151c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。