サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮本 征勝(みやもと まさかつ、1938年7月4日 - 2002年5月7日)は、日本の元サッカー選手。選手時代のポジションはディフェンダー。Jリーグ・鹿島アントラーズの初代監督として知られる。茨城県日立市出身。元日本代表。


■宮本 征勝の経歴

茨城県立日立第一高等学校でサッカーを始める。強力なスライディングタックルとキック力を誇るディフェンダーとして、早稲田大学第二商学部在学中からサッカー日本代表を務める。卒業後は地元に関係の深い日立(現柏レイソル)には入らず、長沼健や大学の先輩・八重樫茂生ら代表選手の揃った古河電気工業サッカー部(現ジェフ千葉)に入団した。

1957年のアジア大会から1972年のミュンヘンオリンピック予選まで日本代表として活躍。国際Aマッチ43試合に出場し1得点。その強靱な体力と背番号から、当時の人気漫画のヒーローになぞらえて「エイトマン」のニックネームで呼ばれた。

1968年のメキシコオリンピックでは地元メキシコを破り、アジアでは初めての銅メダルを獲得。

引退後は古河電工、早稲田大学、本田技研工業の監督を歴任。1992年にはJリーグ・鹿島アントラーズの初代監督に就任。この縁で、アントラーズの初期メンバーには黒崎久志、長谷川祥之、本田泰人など本田技研工業出身者が多い。同年Jリーグヤマザキナビスコカップベスト4、翌1993年にはJリーグファーストステージを制し初代チャンピオンに輝く。また同年度の天皇杯では準優勝の成績を挙げた。翌1994年に退任。1995年には1年間だけ清水エスパルスの監督を務めた。Jリーグの監督としての通算戦績は、64勝46敗。

2002年、肺炎のため死去。享年63。


■宮本 征勝の所属チーム

? : 茨城県立日立第一高等学校
? : 早稲田大学
1964 - 1974 : 古河電気工業サッカー部


■宮本 征勝の指導歴

1974 - ? : 古河電工 監督
1978 - ? : 早稲田大学 監督
1983 - ? : 本田技研 監督
1992 - 1993 : 鹿島アントラーズ 監督
1994 : 清水エスパルス 監督


■宮本 征勝の代表歴

▽出場大会
ローマオリンピック予選
1962年 ワールドカップチリ大会予選
アジア競技大会 (1962, 1966)
東京オリンピック(ベスト8)
メキシコシティオリンピック(銅メダル)
1970年 ワールドカップメキシコ大会予選
ミュンヘンオリンピック予選

▽試合数
国際Aマッチ 43試合 1得点 (1959-1971)
国際Bマッチ 22試合 0得点 (1961-1968)
国際Cマッチ 91試合 2得点 (1958-1970)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/413-b9e5b358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。