サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮本 輝紀(みやもと てるき、1940年12月26日 - 2000年2月2日)は、日本の元サッカー選手。日本代表の攻撃的ミッドフィールダーとしてメキシコシティオリンピック銅メダル獲得に貢献した。日本最初のゲームメーカーとも呼ばれる。広島県広島市出身。


■宮本 輝紀の来歴

1945年8月、4歳の時原爆で一緒に遊んでいた弟を亡くす。サッカーの強豪だった広島高等師範(現広島大学)の大学生にサッカーを教わった。国泰寺中学で野球部からサッカー部に移り、広島山陽高等学校時代は2、3年と国体で準優勝した。特に1958年の杉山隆一のいた静岡県代表・藤枝東との雨中の死闘は有名である。翌1959年、クアラルンプールで開催された第1回アジアユースサッカー日本代表にも選出されアジア3位に貢献した。

広島高師出身で東福岡高コーチとしても知られる名将・寺西忠成の目に留まり、八幡製鉄サッカー部(後の新日本製鐵八幡)に入団した。八幡製鉄でもエースとして活躍。1963年、1964年度全日本実業団サッカー選手権大会2連覇、1964年度の天皇杯優勝に導いた。1965年から始まった日本サッカーリーグ (JSL) でも主力選手としてチームを引っ張り、対戦相手はまず宮本をどう抑えるかに苦心した。初年度から2年連続2位の好成績を挙げるなど、通算139試合に出場。また1967年度の年間最優秀選手にも選ばれ、1970年にはJSLアシスト王に輝いた。

1964年東京オリンピックから全日本の頭脳となりゲームを組み立てた。「天才パサー」と呼ばれ、パス1本で相手を窮地に追い込むキラーパスは、のちの日本代表司令塔・中田英寿をも凌ぐと評される。前線の釜本邦茂や杉山にパスを供給するのが日本の攻撃パターンだった。当時「パワーの釜本、スピードの杉山、テクニックの宮本」と呼ばれ、このトライアングルはサッカー選手を志す少年たちの憧れだった。パスもさる事ながらゴールにも迫りシュートも連発した。振り幅の小さいシュートでゴールを量産し、MFながら国際Aマッチ20得点は歴代7位、代表での全試合では歴代4位の47得点(出場192試合、歴代3位)を挙げている。いずれもメキシコシティ五輪世代では釜本に次ぐ数字である。

JSLでは138試合出場し通算68得点はランキング6位。ベストイレブンには6度選出されている。1974年から選手兼任コーチ、1976年は兼任監督、同年現役を引退し1979年まで監督として指揮を執ったがオイルショック後で補強が厳しくチームは低迷。4年で監督を退いた。

派手嫌いで実直な人柄で知られ、選手として頂点を極めて引退した後も勤務地である北九州市にとどまり、中央に出てくることは無かった。1981年から1985年まで国民体育大会福岡県代表監督。1993年からスタートしたJリーグに新日鉄は、地域性から参加を要請されたが参加しなかった。

1996年、九州共立大学(北九州市)のサッカー部監督に就任、わずか2年で九州大学リーグ1部に昇格させた。

2000年、胃癌のため死去。享年59。2006年、日本サッカー殿堂入り。


■宮本 輝紀の経歴・タイトル

1959年 - 1976年 : 八幡製鉄 / 新日本製鐵 138試合出場 68得点


■宮本 輝紀の代表歴

1962年 ワールドカップチリ大会予選
アジア競技大会 (1962, 1966, 1970)
東京オリンピック(ベスト8)
メキシコシティオリンピック(銅メダル)
1970年 ワールドカップメキシコ大会予選
ミュンヘンオリンピック予選

▽試合数
国際Aマッチ 57試合 19得点 (1961-1971)
国際Bマッチ 29試合 3得点 (1961-1971)
国際Cマッチ 110試合 25得点 (1960-1971)


■宮本 輝紀の指導経歴

1974 - 1975 : 新日本製鐵 コーチ(選手兼任)
1976 - 1979 : 新日本製鐵 監督(1976年は選手兼任)
1981 - 1985 : 国体福岡県代表 監督
1996 - 1999 : 九州共立大学 監督




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/412-86e97c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。