サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平木隆三(ひらき りゅうぞう、1931年10月7日-)は、大阪府出身の元サッカー選手、サッカー指導者。1993年Jリーグ開幕当時の名古屋グランパスエイト監督。

選手時代のポジションはフルバック。岸和田高校、関西学院大学、湯浅電池、古河電工に在籍。関西学院大学時代には天皇杯で2度優勝している。

日本代表として1956年メルボルンオリンピック、1964年東京オリンピックに出場。東京オリンピックでは怪我のため試合出場はなかったが、主将としてベスト8進出に貢献した。 1954年から1963年まで日本代表に選出され、国際Aマッチ出場27試合1得点、Bマッチ3試合、Cマッチ40試合に出場。

1962年以降は古河電工監督(選手兼任)、日本ユース代表監督、1968年メキシコオリンピックコーチ、日本B代表監督を歴任。 1992年から1993年まで、Jリーグ・名古屋グランパスエイトの初代監督を務めた。

2005年、第1回日本サッカー殿堂入り。


■平木隆三の所属チーム

岸和田高校
関西学院大学
湯浅電池 1957
古河電工 1958-1966


■平木隆三の代表歴

▽出場大会
ワールドカップスイス大会予選
アジア競技大会(1954,1958,1962)
メルボルンオリンピック
ローマオリンピック予選
ワールドカップチリ大会予選

▽試合数
国際Aマッチ 27試合 1得点(1954-1962)
国際Bマッチ 3試合 0得点(1956-1962)
国際Cマッチ 40試合 2得点(1955-1963)






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/411-62818483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。