サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平井富三郎(ひらい とみさぶろう、1906年12月13日 - 2003年5月20日)は、新日本製鐵元社長、元通商産業事務次官、元日本銀行政策委員。東京都出身。1973年に藍綬褒章、1979年に勲一等瑞宝章を受章。2003年、脳梗塞のため逝去。


■平井富三郎の来歴

旧制東京高校を経て、東京帝国大学を卒業後、1931年に商工省(現経済産業省)へ入省し、第二次世界大戦後の1953年に通商産業省事務次官に就任。俗に岸信介-椎名悦三郎-美濃部洋次らの主流ラインである「産業派」、「統制派」に連なる。

1956年に八幡製鉄へ入社し、八幡製鉄所長などを経て、新日本製鐵誕生時に副社長。1973年より稲山嘉寛氏の後の社長に就任し、統合後の新日鐵を軌道に乗せるべく尽力した。

また1976年から1987年の間、日本サッカー協会の第5代会長を務めた。平井の在任期間中、現在のキリンカップの創設(当初はジャパンカップと呼ばれた)、インターコンチネンタルカップの日本誘致(トヨタカップ)、協会の財政基盤強化など、現在の日本サッカー隆盛に繋がる様々な施策が実現した。この功績により、日本サッカー殿堂に掲額された。






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/410-fc6a092f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。