サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼンデン現象(Zenden Phenomenon)とは、本来ウイングのプレーヤーが、サイドバックの人材不足、或いはウイングの人材余剰によって無理矢理サイドバックを任せられる現象である。また、ウイングでなく、攻撃的なサイドアタッカーであってもこの現象名で呼ばれることがある。 この現象を発現した選手は監督との軋轢を生む事が多い。元チェルシーのダミアン・ダフはその顕著な例の一つである。 またこの現象によって生まれたサイドバックは総じて守備力が低く、そのまま監督からの信頼を失い他チームへ放出される可能性が高くなる。(ダフはこの現象を発現後、ニューカッスル・ユナイテッドに放出されている)

その選手とサイドバッグとの相性等を全く気にせず、足が速いからという理由だけでゼンデン現象させられる選手も年々増加しており、大きな問題となっている。


▽ゼンデン現象に当てはまる主な選手

ボウデヴィン・ゼンデン
ダミアン・ダフ
三都主アレサンドロ
ベルント・シュナイダー
ショーン・ライト=フィリップス
サンティアゴ・ソラーリ
メフディ・マハダビキア
マレク・ヤンクロフスキー
クラウディオ・サントス・セルジーニョ
ミゲル・モンテイロ
バスティアン・シュヴァインシュタイガー



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/41-0e47cfb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。