サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二宮洋一(にのみや ひろかず、1917年11月22日-2000年3月7日)は兵庫県出身のサッカー選手、サッカー指導者。第二次世界大戦後初のサッカー日本代表監督を務めた。現役時代のポジションはフォワードであった。

旧制第一神戸中学校(現在の兵庫県立神戸高等学校)を卒業後、慶應義塾大学予科を経て大学に進学。 慶応大ソッカー部および慶応BRBの選手として、大戦前のサッカー全日本選手権大会(当時は天皇杯が冠されていなかった)において、4度の優勝(1936年、1937年、1939年、1940年)を遂げた。 また大戦後は慶応BRBおよび全慶応のメンバーとして、天皇杯に3度優勝(1951年、1952年、1954年)した。

1951年にはサッカー日本代表の選手兼任監督として、ニューデリーで開催された第1回アジア競技大会に出場した。 その後も選手として何度か日本代表に名を連ねたが、1954年の天皇杯決勝を最後にトップレベルの競技生活からは退いた。

また、日本代表初の国際Aマッチである1951年3月7日のイラン戦(アジア競技大会)の先発メンバーの1人でもある。

1976年には日本サッカー協会理事に就任、各種の役職を歴任した。 2000年に肺炎で死去。

2006年4月には、サッカー功労者として日本サッカー殿堂入りが決定した。


■二宮洋一の所属チーム

エリオット商会


■二宮洋一の代表歴

▽出場大会
アジア競技大会(1951年,1954年)
ワールドカップスイス大会予選

▽試合数
国際Aマッチ 5試合 1得点(1951-1954)
国際Bマッチ 1試合 0得点(1956)
国際Cマッチ 7試合 5得点(1951-1953)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/408-45889f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。