サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鴇田正憲(ときた まさのり、1925年6月24日-2004年3月5日)は、日本・兵庫県出身のサッカー選手。1940年代から1950年代の日本を代表する右ウイング。2006年に日本サッカー殿堂入り。

俊足で、巧みなドリブルと正確なセンタリングで活躍した。関西学院大学時代、ドリブルしながら200メートルのトラックを進む鴇田に誰も追いつけなかったという逸話が残っている。

学生時代から多くのタイトルを獲得し、1950年に入団した田辺製薬サッカー部では、賀川太郎とのコンビで活躍し、全日本実業団サッカー選手権大会で6連覇を含む7回の優勝に貢献。また、この間に全関学および関学クラブの選手として全日本選手権(天皇杯)で4回の優勝を経験している。

日本代表では1951年から1959年までプレイし、1956年メルボルンオリンピック出場に貢献し、本大会で主将を務めた。

また、日本代表初の国際Aマッチである1951年3月7日のイラン戦(アジア競技大会)の先発メンバーの1人でもあり、翌3月8日のイラン戦(アジア競技大会)で58分にゴールを決めた。これが、日本代表にとっての国際Aマッチ初ゴールとなった。


■鴇田正憲の所属チーム

神戸一中 1938-1944
関西学院大学 1944-1950
田辺製薬 1950-?


■鴇田正憲の獲得タイトル

▽神戸一中
明治神宮大会: 1941年、1942年
橿原神宮大会: 1942年

▽関西学院大学
関西学生リーグ: 1947年、1948年
東西学生1位対抗戦: 1948年

▽田辺製薬
全日本実業団選手権大会: 1950年、1951年、1952年、1953年、1954年、1955年、1957年

▽全関学(関学クラブ)
全日本選手権/天皇杯: 1950年、1953年、1955年、1959年


■鴇田正憲の代表歴

▽出場大会
1951年 アジア大会 出場
1954年 アジア大会 出場
1954年 FIFAワールドカップ・アジア予選 出場
1956年 メルボルンオリンピック 出場

▽試合数
国際Aマッチ 12試合 2得点(1951-1959)
国際Bマッチ 1試合 1得点(1956)
国際Cマッチ 14試合 5得点(19-19)






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/406-72ba9c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。