サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玉井 操(たまい みさお、1903年12月16日 - 1978年12月23日)は兵庫県出身の実業家。玉井商船元社長であり、また日本サッカー協会副会長を務めるなど、サッカーとも深い関わりがあった。


■サッカー選手時代

玉井商船創業者の家に生まれた彼は、明治学院中等部から早稲田高等学院を経て早稲田大学に入学した。この頃、ビルマ人留学生チョウ・ディンよりサッカーの直接指導を受け、早稲田サッカー部躍進の一翼を担うに至った。1927年にはサッカー日本代表として、上海で開催された極東大会に出場、ゴールも記録している。


■実業家時代

卒業後は故郷の兵庫県に戻り神戸海上火災(現在のニッセイ同和損害保険の前身)に勤務したが、1935年には創業者社長であった父の死去に伴い、後継として玉井商船の第2代社長に就任した。また、1939年から兵庫県蹴球協会会長を務めるなど、サッカーとの関わりを続けた。

その後1947年にいったん玉井商船の社長職を退いたものの、1951年に復職。第4代社長として生涯を全うするとともに、海運関連の業界団体や地域組織の要職を数多く務めた。1966年に藍綬褒章、1974年には勲三等旭日中綬章、また没後の1979年には正四位の追叙が行われた。

サッカーへの関与としては、1957年から関西サッカー協会会長と日本サッカー協会副会長を務めたほか、1970年には日本最初の法人格を持つサッカー団体である社団法人神戸フットボールクラブの設立に協力、初代会長に就任した。これらの貢献により、2006年には日本サッカー殿堂に掲額された。






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/404-f41719d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。