サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹腰 重丸(たけのこし しげまる、1906年2月15日 - 1980年10月6日)は大分県臼杵市出身のサッカー選手、サッカー指導者。第二次世界大戦後の第2代サッカー日本代表監督を務めた。東京大学教授。


■竹腰 重丸の活動(戦前)

中学生の頃、一時大連に転居し、ここでサッカーと出会った。 1925年、山口高等学校から東京帝国大学(現在の東京大学)に進学し、その年には初めて日本代表選手として海外遠征に参加した。翌1926年には東大サッカー部で関東大学リーグを初制覇、その後6連覇と続く東大黄金期の礎を築いた。 このとき、初年度こそ薬学科に所属していたものの、実験のための時間がとれず、サッカーとの両立が困難であるとの理由で農業経済学科に編入したという逸話が残っている。 1930年の極東大会では、主将として日本代表を率い、同率優勝を勝ち取った。

東京帝国大学卒業後の1929年には当時の大日本蹴球教会(現在の日本サッカー協会)理事に就任した。 このときは本業として帝国農会に就職したが、サッカーに時間を割くために退職し、1933年から東京帝国大学で体育講師の職に就いた。 1936年にはベルリンオリンピック日本代表のコーチとして、スウェーデンを破ったいわゆる「ベルリンの奇跡」を演出した。


■竹腰 重丸の活動(戦後)

第二次世界大戦中は海軍士官として戦地にあったが幸運にも復員。 東京大学に復職するとともに、1948年には日本蹴球協会理事長に就任し、戦後の日本サッカー復興にあたった。 1951年には日本代表監督となり、1954年のワールドカップスイス大会予選、アジア競技大会などの試合で代表チームを指揮した。 1956年にはメルボルンオリンピックの予選を突破し、本大会に出場した。

一時期代表チームの指導からは離れたが、1958年には再び日本代表監督に就任。 1959年末のローマオリンピック予選に挑むが、韓国に敗れ出場を逃した。 その後は自らが指導した若い世代のコーチに指導を委ね、自らは長く日本サッカー協会の理事職にあった。1974年には、当時会長だった野津謙とともに協会の法人化を実現した。

1967年には藍綬褒章、1976年には勲三等瑞宝章をそれぞれ受章した。 また、没後の2005年には、設立されたばかりの日本サッカー殿堂入りした。






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/403-3e890d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。