サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゾーンプレスとは、球技におけるディフェンス(守備)の戦術の一つで、ゾーンディフェンスおよびプレスディフェンスのうちの一つである。ゾーンの考えを基本としつつ、積極的にプレッシャーをかけチェックに行く戦術。そのため、ゾーンディフェンスやプレスディフェンスと比べ体力が必要で、ディフェンスが抜かれた場合のカバーができないと簡単に得点されてしまうデメリットがある。


▽サッカーのゾーンプレス
サッカーでは、ヨハン・クライフが率いたオランダ代表が最初に採用したといわれる。しかし、戦略的に精密化、確立させたのは80年代末に、当時鬼才と呼ばれたアリーゴ・サッキ監督が率いたACミランである。ゾーンプレスを戦術として確立させたACミランは80年代末から90年代前半まで世界最強を誇り、同クラブの代名詞となった。 日本ではJリーグ開幕当初、加茂周率いる横浜フリューゲルスがその戦術として売り出したことからその名称が浸透した。

▽バスケットボールのゾーンプレス
バスケットボールにおいては、ゾーンディフェンスを相手チームがエンドラインからスローインする前から仕掛け、相手のミスを誘いボールを奪うための守備戦術を指す。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/40-941fad91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。