サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川本泰三(かわもと たいぞう、1914年1月17日-1985年9月20日)は愛知県瀬戸市出身のサッカー選手、サッカー指導者。

ベルリンオリンピック日本代表のフォワードとして活躍し、シュートの名人と呼ばれた。第二次世界大戦後は日本代表監督を務めた。


■川本泰三の経歴

小学校時代に大阪へ転居、府立市岡中学からサッカーを始める。 早稲田大学高等学院(予科に相当)を経て早稲田大学に入学。 予科在学中からサッカー部で試合出場し、予科3年の1933年から早大の関東大学リーグ4連覇に貢献した。 また、大学在学中の1936年には日本代表としてベルリンオリンピックに派遣され、ベルリンの奇跡のきっかけとなる日本の初ゴールを記録した。

大学卒業後には同盟通信社に入社したが、第二次世界大戦時には従軍。 終戦とともにソ連軍の捕虜となり、シベリアで4年にわたり抑留生活を余儀なくされた。

1949年に帰国し、35歳という年齢にもかかわらず現役復帰。1954年ワールドカップ・スイス大会アジア予選にも出場。 自ら設立した大阪サッカークラブを擁して、天皇杯で3度決勝に進出するも敗れた。

1956年のメルボルンオリンピックでは竹腰重丸監督のもとで選手兼コーチとして帯同した。 1958年には東京で開催されたアジア競技大会の日本代表監督に就任したが2戦2敗に終わった。

その後は日本サッカー協会理事、関西サッカー協会会長を歴任した。

没後の2005年にはサッカー功労者として、新たに設立された日本サッカー殿堂に掲額された。


■川本泰三の所属チーム

川惣電工


■川本泰三の代表歴

▽出場大会
ベルリンオリンピック
ワールドカップスイス大会予選
アジア競技大会 (1954)
メルボルンオリンピック

▽試合数
国際Aマッチ 3試合 0得点(1954)
国際Cマッチ 4試合 0得点(1951-1953)






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/398-7586786e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。