サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賀川太郎(かがわ たろう、1922年8月9日-1990年)は兵庫県神戸市出身の元サッカー選手。

神戸一中(現・県立神戸高校)、神戸経済大学(現・神戸大学)を経て、1948年に田辺製薬サッカー部に入団。全日本実業団選手権で6連覇を含む7回の優勝を遂げた、田辺製薬の黄金期を支えた一人だった。同時期の天皇杯全日本サッカー選手権大会には大阪クラブの選手として出場し、1951年から3年連続で準優勝している。

日本代表としてもワールドカップ・スイス大会予選など、国際Aマッチ5試合に出場した。また、日本代表初の国際Aマッチである1951年3月7日のイラン戦(アジア競技大会)の先発メンバーの1人でもある。

2006年に第2回日本サッカー殿堂入りした。サッカーライターの賀川浩は実弟である。


■賀川太郎の所属チーム

神戸一中
神戸経済大学
田辺製薬 1948-?
大阪サッカークラブ






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/396-9bee1279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。