サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小城 得達(おぎ ありたつ、1942年12月10日 - )は、日本の元サッカー選手。広島県広島市出身。選手時代はフォワード、その後ミッドフィールダーもフルバック(ディフェンダー)もこなしたオールラウンドプレーヤーだった。

東洋工業(サンフレッチェ広島の前身)において第1回日本サッカーリーグ (JSL) から4連覇を達成したチームの中心選手として活躍。また日本代表でもメキシコシティオリンピック銅メダル獲得に貢献。昭和40年代(1960年半ば~1970年半ば)を代表する名選手の1人である。


■小城 得達の経歴

サッカーの盛んな広島に生まれ、広島大学附属小学校のときに、当然のようにボールを蹴り、サッカーに打ち込んだ。付属中学に入ると野球部に入る。ちょうどプロ野球が2リーグになり郷土に初の市民球団・広島東洋カープが誕生した頃、広島の子供達はほとんどが野球をやった。しかし1958年、進学校でもあった広大付属高校に進むとサッカー部へ入った。理由は付属高校には野球部が無かったからだった(なお現在も硬式野球部は無い)。当時の広島は実業団の東洋工業も、高校サッカー出場校も全国大会で決勝を狙える「サッカー王国」だった。同高の2年先輩に丹羽洋介、1年先輩に桑田隆幸、野村尊敬、同級に桑原楽之、溝手顕正、船本幸路ら。舟入高校の今西和男(後に東洋工業)と山陽高校の宮本輝紀(後に八幡製鉄)は2学年上、修道高校の森孝慈(後に三菱重工、現浦和レッズ)は1学年下だった。

1年生の時、ハーフバック(HB, 今で言うミッドフィールダー)で丹羽、桑田、桑原らと全国高校選手権に出場して準優勝(山城高校に 1 - 2 )、国体も準優勝(浦和市立に 0 - 1 )、3年時はベスト8(秋田商業に 0 - 1 )。小城が2年の時、ソ連の強豪チーム、ロコモティフ・モスクワが全広島と広島市民球場で対戦し小城や前述選手らが出場。この試合は17,000人もの観衆が詰め掛けた。1961年、第3回アジアユースサッカー日本代表にも桑原とともに選出された。

同年中央大学に進み、翌1962年、2年の時、同郷の野村六彦、岡光龍三、桑原らと天皇杯で中大の初優勝をもたらした。決勝の相手は長沼健、平木隆三、川淵三郎、宮本征勝ら日本代表を揃え3連覇を狙った古河電工だった。この大会での働きで小城は日本代表候補となった。負けん気の強さと地道な努力で、フィジカル・トレーニングを真剣に取り組み強靭な体を作り上げた。1963年、東京オリンピック前年の招待試合・対西ドイツ戦で先制ゴールを挙げ代表に定着した。大学では既にゲームメークの才を見せ、正確にロングボールを蹴った。

1964年、日本サッカーの命運がかかった東京オリンピック、面目を保つ唯一の白星となった対アルゼンチン戦で決勝ゴールを決めベスト8進出に貢献。この歴史的勝利は日本に空前のサッカーブームを巻き起こした。翌1965年、プロ野球以外では初の全国リーグ、日本サッカーリーグ (JSL) がスタート。中大を卒業した小城は故郷の広島に戻り、東洋工業に入団。攻守の軸ハーフバックとして力を発揮した。小沢通宏と松本育夫以外は、下村幸男監督を始め全員広島出身者という東洋工業は、強い結束力と縦横無尽のパスワークで攻撃的サッカーを展開、その記念すべき第1回大会を12勝2分け無敗で優勝。小城は攻守の要・リンクマンとして大活躍、年間最優秀選手(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)に選ばれた。東洋工業は更に翌年第2回大会にかけて23連勝、小城はこの年にはリーグ得点王を獲得するなどチームは無敵を誇り、1968年までリーグ4連覇の金字塔を樹立し、JSL27回の歴史で最多の5回の優勝を飾った。更に3度の天皇杯制覇(1965年、1967年、1969年)、黄金時代を築いた。ベテラン守備陣の引退で三菱重工にJSL5連覇を阻まれた1970年には、下村監督にスイーパー(リベロ)にコンバートされると、再びリーグ優勝に導き2度目の年間最優秀選手を獲得。JSL通算57得点は歴代13位。

1968年のメキシコシティオリンピックで、日本は酸素の薄い高地・メキシコに合わせた省エネ作戦を行った。4DFの後ろにスイーパーを置いて5人ないし6人で守り、釜本邦茂(ヤンマー、現・セレッソ大阪)、杉山隆一(三菱重工)コンビの速攻を生かす作戦で、小城はセンターバックとして銅メダル獲得に貢献した。相手エースストライカーの密着マークではデットマール・クラマーから「トイレに行ってもついていけ」と無茶を言われたらしい。攻撃面でも前線へ送るロングフィードは質が高かった。なお、小城は東京、メキシコシティのオリンピック2大会で全試合フル出場を果たしている。

当時の小城は気性の激しい選手として知られ、「釜本がキレたら小城が抑えるが、小城がキレたら誰も抑えられない」という逸話が残っている。

その後1974年までの長きに渡り日本代表選手として活躍。代表戦の出場数は歴代2位の213を数えた。うち国際Aマッチは62試合出場で11得点。Cマッチまで合わせると39得点で歴代6位、これはメキシコ五輪世代では釜本、宮本輝に次ぐ数字である。1977年に選手キャリアを終え、東洋工業の監督に就任。その後、サッカーを離れ東洋工業にそのまま勤務した。定年退職後は再びサッカー界に戻り、現在は広島県サッカー協会会長と日本サッカーリーグマッチコミッサリーを務めている。

2006年、日本サッカー殿堂入り。


■小城 得達の所属チーム

1961 - 1964 : 中央大学
1965 - 1976 : 東洋工業






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/395-52413d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。