サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡野俊一郎(おかの しゅんいちろう、1931年8月28日-)は、東京都出身の日本の元サッカー選手・サッカー監督。日本サッカー協会の元会長であり、現在は名誉会長である。実家は和菓子の老舗「岡埜栄泉」。


■岡野俊一郎の経歴

1949年、東京都立小石川高等学校を卒業し、東京大学理科II類に入学。サッカー部に入部。
1953年、全日本大学サッカー選手権大会で優勝。
1957年、東京大学文学部心理学科卒業。
1961年、AFCユース選手権にユース日本代表監督として参加。
1962年、日本代表コーチとなる。(当時の監督は長沼健)
1964年、東京オリンピックで日本代表がベスト8の快挙を成し遂げる。
1968年、メキシコオリンピックで日本代表が銅メダルを獲得。
1970年、日本代表監督に就任。(~1971年)
1974年、日本サッカー協会の理事に就任。日本オリンピック委員会(JOC)の常任理事にも就任。
1987年、日本サッカー協会副会長に就任。
1990年、国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任。
1995年、ワールドカップ組織委員会委員に就任。
1998年、日本サッカー協会会長に就任。
2002年、東アジアサッカー連盟初代会長に就任。日本サッカー協会名誉会長に就任。
2003年、日本サッカーミュージアム初代館長に就任。
2005年 日本サッカー殿堂当年第1回受賞者に選ばれる


■東京オリンピック・メキシコオリンピックでの活躍

岡野俊一郎は、プレイヤーとしての経験は高校(戦前の学制では中学にあたる)・大学での経験しかないが、長年日本代表に参加し、コーチとしての戦績は華々しい(東京五輪:ベスト8、メキシコ五輪:3位)。これについては彼の東大時代の人脈が大いに生きている。

当時の日本代表は、1960年からのデッドマール・クラマーによる技術指導の影響により、一定の技術水準(とはいっても、欧州・南米の一流国から見れば下手であるが)は得ていたが、戦術や敵の情報に関しては不十分であった。しかし、岡野は東京大学在学時の友人に商社勤務の者が大勢おり、海外勤務の友人から海外のサッカーのビデオや雑誌を入手し、敵の戦術解析、モダンサッカーの戦術研究を熱心に行なった。

当時の監督の長沼は、ベンチで隣に岡野を座らせるために、選手登録を一名抹消(ベンチに入れる人数には制限があり、コーチ陣・選手合わせて一定の数にしなければならない)したほどである。クラマーの指導、選手たちの努力もあったが、岡野の研究も日本の快挙に大きく貢献したと言える。

当時メダル獲得の期待が全くかけられていなかったサッカーは、メキシコへ派遣できる選手の登録人数を削減されてしまった。これに最も強く反対した一人が当時コーチであった岡野俊一郎であったが、JOCの決定は覆せない。そこで、選手が故障した場合を考えて、もしもの時の「最後の一人」として選手登録をしたのだった。結果として(日本側登録では)「コーチ」でありながら銅メダル獲得という珍しい事になってしまったのである。






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/394-e2ccdd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。