サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本サッカー殿堂(にっぽんさっかーでんどう)は、日本サッカー協会が、日本国のサッカーに多大な貢献を果たした人物を表彰し、東京都文京区・JFAハウス内にある日本サッカーミュージアムでレリーフを展示して栄誉を称える制度である。2005年から創設され、当面毎年2回程度選考される。


■日本サッカー殿堂の選出対象

▽選手の部
日本サッカー界に永年にわたり、顕著な貢献をした者
満60歳以上(選考時)の者(物故者は除く)

▽委員会推薦(特別表彰相当)
プレーヤー以外で、顕著な貢献をした者
1964年以前に顕著な活躍をしたプレーヤー
日本サッカー協会歴代会長


■日本サッカー殿堂の選出方法

選手の部は、殿堂委員会が作成した候補者名簿を元に、サッカー報道関係者による投票を行う。 原則として投票者の75%以上の得票者が推薦されて選出される。

第1回選考は、東京・メキシコオリンピックのプレーヤーを対象に、特例で50%以上の得票者を推薦し、2005年3月10日の理事会で承認された。

第2回選考は1964年以前に顕著な活躍をした選手らを対象に10~20人程を推薦し、2006年4月13日の理事会で承認された。

第3回以降は選考時期を固定化する方針で、7月の理事会で殿堂入り対象者を承認した後、9月10日の日本協会の創立記念日に式典を行う予定。

特別選考は、投票を行わず殿堂委員会の推薦されて選出される。


■日本サッカー殿堂の選出一覧


岡野俊一郎
小城得達


賀川太郎
釜本邦茂
川本泰三


デットマール・クラマー


杉山隆一


高橋龍太郎
竹内悌三
竹腰重丸
玉井操


坪井玄道


鴇田正憲


長沼健


二宮洋一


野津謙


平井富三郎
平木隆三


宮本輝紀
宮本征勝


森孝慈


八重樫茂生


横山謙三


渡辺正







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/393-34c44979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。