サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョージ・ウェア(George Manneh Oppong Ousman Weah、1966年10月1日 - )は、リベリア・モンロビア出身の元同国代表サッカー選手。

バロンドールの規定が改定されて最初の年である1995年にFIFA最優秀選手と欧州最優秀選手を受賞。GK以外ならほとんどのポジションをこなす。人間離れした身体能力と決定力を誇り、ミラン時代のラツィオ戦では一人スルーパスからゴールを決めたことも有名。中でも語り草なのは、96~97シーズンの開幕戦で自陣ペナルティエリア付近から約80メートルを相手ゴール前まで単独でドリブル突破した上で決めたゴールであろう。翌日の地元紙は「サンシーロにUFO出現」の見出しを掲げた。所属クラブでの得点数はそれほど多くはなかったが、印象的なゴールが多い。


■ジョージ・ウェアの経歴

モンロビア郊外のシャンティタウンにて14人兄弟の3番目として生まれる。 幼い時に父親を失い、祖母に育てられた彼の最初の夢はモンロヴィアのテレフォンオペレーターになることだった。

15歳の時に当時3部リーグ所属の地元のクラブ、ヤング・サバイバーズと契約するとゴールキーパーとしてキャリアをスタート。 すぐに得点をする事へ楽しさを覚え、フォワードへ転向、30試合に出場し31得点を記録。チームを2部リーグに昇格させる。 その後1部リーグのクラブを経て、1986年にはリベリアで最高のチームであったインビンシブル・イレブンへ移籍。 このクラブではキャプテンを務め得点王にもなる活躍を見せ、カメルーンのスカウトの目にとまり1987年に国外デビューを果たす。 1シーズンカメルーンで過ごしたウェアはその後フランスのASモナコへ移籍しそのポテンシャルを開花させ、1991年にフランスカップをもたらすと、翌年にはチームを欧州カップ・ウィナーズカップの決勝に導いた。 その後移籍したパリSGでもチームをリーグ優勝に導くと、1995年には再びフランスカップをチームにもたらす。

こうしてフランスで数々の成功を収めたウェアは1995年、アフリカ人として初のバロンドールを受賞し、同年にFIFA選出の世界年間最優秀選手賞も受賞。最後に自身3度目(89年、94年、95年)となるアフリカ年間最優秀選手賞と、この年の個人タイトルを総なめにしたのであった。 マルコ・ファン・バステンの後釜として加入したACミランでは数多くのゴールをあげた。驚異的な身体能力を誇り、「リベリアの怪人」と呼ばれた。 その後膝の怪我等も有り、99/00シーズン途中にチェルシーに移籍。以降マンチェスター・シティ、マルセイユ、アル・ジャジーラと渡り歩き2002/2003シーズンをもって現役引退した。

2005年、リベリアの大統領候補として立候補するも、元世界銀行職員、国連開発計画アフリカ局長で“鉄の女”とも言われるエレン・ジョンソン・サーリーフに僅差で敗れた。


■ジョージ・ウェアの所属クラブ

ヤング・サバイバーズ(リベリア)1981-1983
ボンラン・カンパニー(リベリア)1983-
マイティ・バロール(リベリア)1984
インビンシブル・イレブン(リベリア)1985-1987
トネール・ヤウンデ(カメルーン)1987-1988
ASモナコ(フランス)1988-1992
パリ・サンジェルマン(フランス)1992-1995
ACミラン(イタリア)1995-2000
チェルシーFC(イングランド)2000
マンチェスター・シティ(イングランド)2000-2001
オリンピック・マルセイユ(フランス)2000-2001
アル・ジャジーラ(UAE)2001-2003






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/386-559a7902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。