サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲオルゲ・ハジ (Gheorghe Hagi、1965年2月5日 - )は、ルーマニア出身のサッカー選手。

「東欧のマラドーナ」と呼ばれた。 彼が世界的に有名になるきっかけとなったのが、1994年ワールドカップでのルーマニアの躍進だった。ハジは背番号10、キャプテンとしてルーマニア攻撃陣の核となり予選リーグから破竹の快進撃を続けた。

ハジの左足から放たれるボールは美しい軌跡を描き、常にハイライトシーンを演出、奇跡的なゴールも生んだ。予選リーグ、バルデラマ、アスプリージャ、バレンシア、リンコーンらを擁し優勝候補の一角だったコロンビアを奈落の底に沈めた。ルーマニアの3点全てに絡み、特に2点目の相手GKのポジションミスを突いた左サイドからの30mのロングシュートは度肝を抜いた。ボール扱いにおいては大会屈指の実力を持ち、パス、シュート、トラップとまさに「東欧のマラドーナ」と呼ぶに相応しい活躍をみせた。(本人はそう呼ばれるのを好んでいないらしい。)

チームは惜しくも準々決勝で敗れたが、酷暑で各国が消極的な試合をする中、相手チームは電光石火のカウンターアタックでヒヤリとしたことだろう。ハジは大会後にFCバルセロナに移籍し、同じくワールドカップで活躍したストイチコフやロマーリオなどとクライフ監督のもとドリームチームの一員となったが、出場機会は少なく本領を発揮できなかった。

むしろ1996年から2001年まで在籍したトルコのガラタサライでの活躍の方が有名。 1996年当時、トルコサッカー界は2006年現在と違いヨーロッパの弱小国家のひとつであり、ワールドカップ出場は夢のまた夢であり、クラブシーンにおいても大会本戦出場はおろか予備予選で勝つ事すらもままならない状況であった。そんな中、彼はクラブ関係者からの強い要請とバルサでの出場機会激減を期に移籍してくる。彼はチームのキャプテンとしてだけでなく「サッカー選手としての心得」「プロとしての心得」をガラダサライの選手たちに植え付けて行って、後のトルコサッカー界隆盛の礎を築く。2000年のUEFAカップ優勝を成し遂げた。


しかし選手として最も世界を沸かせたのは、94年のW.Cであろう。プレイスタイルとしては、典型的な10番司令塔タイプで、その短気な性格からよくカードをもらう事もあり、天才肌な選手といえる。 そのポジションでは現役中トップクラスを維持し続けた。2001年、現役引退。

2004年3月、ペレが選んだ『偉大なサッカー選手100人』で同国から唯一選定された。


■ゲオルゲ・ハジの所属クラブ

1982年-'83年 - ファルル・コンスタンツァ(ルーマニア)18試合17得点
1983年-'86年 - スポルトゥル・ストゥデンツェスク(ルーマニア)108試合58得点
1986年-'90年 - ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)97試合76得点
1990年-'92年 - レアルマドリード(スペイン)64試合19得点
1992年-'94年 - ブレッシア(イタリア)60試合14得点
1994年-'96年 - FCバルセロナ(スペイン)36試合7得点
1996年-2001年 - ガラタサライ(トルコ) 167試合78得点






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/381-a9be1f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。