サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルイ・マヌエル・セーザル・コスタ(Rui Manuel César Costa, 1972年3月29日 - )は、ポルトガル・リスボン出身の元同国代表、ベンフィカ所属のサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー(トップ下)。ポルトガルが生んだファンタジスタ。


■マヌエル・ルイ・コスタの来歴

1991年地元開催のワールドユースで優勝を果たし、ルイス・フィーゴらとともにポルトガルサッカー黄金世代の筆頭となる。

1991年、ベンフィカでプロデビュー。1993年のスイス戦でA代表デビューを果たす。1994年にはイタリアセリエAのフィオレンティーナに移籍し、ガブリエル・バティストゥータとのコンビでさらなる高みへ上る。ポルトガル代表のエースとしても成長し、1996年の欧州選手権ではベスト8、2000年の欧州選手権ではベスト4へチームを導く。

2001年にはイタリアの名門・ACミランへ移籍。2002年日韓ワールドカップで念願のW杯出場を果たすも、怪我からコンディションを崩しており本大会では3試合で途中交代、途中出場、出場なしと大きな活躍を見せることは出来ないまま大会を去った。EURO2004を最後にポルトガル代表を引退した。33歳となっても華麗なプレーで観客を楽しませていたが、ブラジル代表のカカの活躍により出場が減り、05-06シーズンをもってミラノを去り、古巣ベンフィカに復帰することとなる。

ペレが選んだ偉大なサッカー選手100人、『FIFA 100』に選ばれた。


■マヌエル・ルイ・コスタのプレイスタイル

高度のテクニックをベースに攻撃を操る天才的なパサー。常に敵との間合いを意識した緩急を織り交ぜたドリブルで敵陣の隙間を縫うようにボールを進め、DFがチェックにいこうとした瞬間に鋭いスルーパスを放つ。姿勢の良いボールキープでピッチ全体の視野を確保、両腕を広げるようにして進む独特のドリブルと鋭いグラウンダーパスで見る者を魅了している。 シュートでは、ゴールに叩き込むというより、パスの特徴をそのままにした狙った位置にパスを出すような打ち方をすることがある。


■マヌエル・ルイ・コスタの所属チーム

ベンフィカ 1991-1994
フィオレンティーナ 1994-2001
ACミラン 2001-2006
ベンフィカ 2006-





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/379-e08c9ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。