サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ズビクニェフ・カジミエシ・ボニエク(Zbigniew Kazimierz Boniek、1956年3月3日 -)は、ポーランド・ブィドゴシュチュ出身の元同国代表サッカー選手(FW、MF)。

プロデビューしてからDFからFWへ転身。しかし、「ポーランド史上最高の選手」という評価の通り、自国を3度のW杯出場(うち1度は3位進出)に導いた。また、ユヴェントスでコンビを組んだミシェル・プラティニとの連携プレーは、異次元の輝きを放ち、1983-1984シーズンのセリエA優勝、そして、翌1984-1985シーズンのUEFAチャンピオンズカップ優勝(ヘイゼルの悲劇を参照)に多大なる貢献を果たした。


■ズビグニェフ・ボニエクの選手経歴

ザビシャ・ビドゴシチ (ポーランド) 1971-1975
ビジェフ・ウッチ (ポーランド) 1975-1982
ユヴェントス (イタリア) 1982-1985
ローマ (イタリア) 1985-1988







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/377-e74b00dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。