サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャン・マリー・プファフ(Jean-Marie Pfaff, 1954年12月4日 - )は、ベルギー・ブリュッセル出身の同国の80年代を代表するサッカー選手(GK)。

代表レベルではEURO1980において決勝に進出。これは今のところ、同国サッカー史上において、最も優勝に近づいた出来事である。また1986年のメキシコW杯でもチームをベスト4に導くなど、エンツォ・シーフォとともにベルギーサッカー史に無くてはならない活躍を見せる。

クラブレベルでは弱小クラブであったべべレンを1978-1979シーズンのリーグ制覇に導く。82年のW杯後にドイツの名門、バイエルン・ミュンヘンに鳴り物入りで入団。ゼップ・マイヤーの後継者として、このドイツの名門のゴール・マウスを任されると、その期待を裏切らぬ活躍を見せ、多くの勝利に貢献した。 晩年にはリエージュ(ベルギー)、トラブゾンシュポル(トルコ)と渡り歩いて、36歳で現役を引退した。

プレースタイルは、俊敏性に長け、判断よくゴールを飛び出し、ハイボールにも強い。最後列から味方を鼓舞し、自軍の士気を高める、指揮官タイプともいえる。

▽ポジション GK
▽身長/体重 180cm/80kg
▽代表歴 62試合0得点
▽代表デビュー 1976/5/22(対オランダ)


■ジャン・マリー・プファフの所属クラブ

KSKベベレン(ベルギー)1970-1982
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)1982-1988
リールセSK(ベルギー)1988-1989
トラブゾンスポール(トルコ)1989-1991







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/376-dd8c2892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。