サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイモン・コパゼフスキー(Raymond Kopaszewski、1931年10月13日 - )はフランス出身のサッカー選手。ポーランド系。ポジションはFW、MF。愛称は『ナポレオン』。


■レイモン・コパのプロフィール

1949年にアンジェとプロ契約、1951年にスタード・ランスに移籍。1956年チャンピオンズカップ決勝戦でレアル・マドリードと対戦、惜しくも敗れたがその活躍がレアル・マドリードの首脳陣の目に留まり翌シーズンに移籍、アルフレッド・ディ・ステファノらと共にレアル・マドリードの黄金時代を築き上げた。

1958年フォンテーヌと共に出場したワールドカップ・スウェーデン大会でコパは3得点、最多アシストを記録し最優秀選手に選ばれた。同年その活躍が認められバロンドールを受賞。

1958年スタード・ランスに戻り11年間プレーした後、1969年に現役を引退した。


■レイモン・コパの所属チーム

1949-51年 アンジェSC(フランス)
1951-56年 スタード・ランス(フランス)
1956-58年 レアル・マドリード(スペイン)
1958-69年 スタード・ランス(フランス)


■レイモン・コパのタイトル

UEFAチャンピオンズカップ優勝 3回(1956/57、1957/58、1958/59)
欧州年間最優秀選手(1958)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/373-7793e6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。