サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACFフィオレンティーナ(ACF Fiorentina SpA 以前の名称はAssociazione Calcio Fiorentina)は、イタリアのトスカーナ州フィレンツェを本拠地とするサッカークラブチーム。クラブカラーからヴィオラ(イタリア語で「紫」)の愛称で呼ばれる。


■フィオレンティーナの沿革

1925年創設。チーム名称は「フィレンツェの」あるいは「フィレンツェ人」を表す形容詞である。

全盛期にはリーグ戦、コッパ・イタリアなど公式戦で優勝する名門クラブだったが、1990年代後半における慢性的な赤字経営で親会社が破綻。2002年に4部リーグ(セリエC2)に強制降格させられた。その後チームは一度解散し、新チーム「フロレンティア・ヴィオラ」を結成(フロレンティアはフィレンツェの古称である)。スポンサー「フィオレンティーナ1926フロレンティナ」の下でセリエA復帰を目指した。2003年に「フィオレンティーナ」の商標権を買収し、2003-2004シーズンからフィオレンティーナのチーム名が復活。その年度の2部リーグ(セリエB)6位に入り、プレーオフでACペルージャを下し2年ぶりの1部リーグ(セリエA)復帰を決定した。2004-2005シーズンには中田英寿が在籍していた。

ユヴェントス、ACミラン、ラツィオと同様に、セリエAの八百長問題に関わったとして、2006年7月14日に「セリエB降格および勝ち点-12点からのリーグ戦開始」との判決が下される。同年7月25日の控訴審判決において、セリエA残留で2006-2007シーズンは-19点からのスタート、2005-2006シーズンの勝ち点-30点の判決が下った(カルチョ・スキャンダルの項を参照)。この判決を不服とした一部サポーターがフーリガン化し、フィレンツェ周辺の鉄道を一時不法占拠する事態ににまで発展した。


■フィオレンティーナの過去の成績

2000-2001 セリエA 9位
2001-2002 セリエA 17位 クラブの破産によりセリエC2(4部)まで降格
2002-2003 セリエC2 優勝 特例措置によりセリエBまで昇格
2003-2004 セリエB 6位 プレーオフを勝ち抜き昇格
2004-2005 セリエA 16位
2005-2006 セリエA 4位







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/358-169c55e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。