サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの悲劇(パリのひげき)は、1993年11月17日、フランス・パリのパルク・デ・プランスで行われたFIFAワールドカップアメリカ大会のヨーロッパ地区予選最終戦、フランス代表とブルガリア代表の試合で、後半ロスタイムにブルガリア代表エミル・コスタディノフに決勝ゴールを決められ、フランス代表の悲劇ともいえる予選敗退と共にブルガリア代表が劇的な形で出場権を得た事を指す通称である。スタジアムの名前から「パルク・デ・プランスの悲劇」とも呼ばれる。


■パリの悲劇の経過

フランスは第8戦までは、アウェーのブルガリア戦に負け、アウェーのスウェーデン戦に引き分けた以外は全勝し、残り2試合のどちらかに引き分け以上で本大会出場が決まる。相手はどちらもホームでイスラエルとブルガリア。ブルガリアにはアウェーで負けているが、イスラエルにはアウェーで4 - 0と大勝しており、ホームでも大勝して出場を決めるかに見えた。

ところがイスラエル戦は気の緩みからか先制を許してしまい、その後2 - 1と逆転するも、再び追いつかれた後ロスタイムに決勝ゴールを決められ2 - 3の再逆転負け。出場は最終戦に持ち越しとなった。

そして出場権をかけた最終戦の大一番、ブルガリア戦は、先制して追いつかれたものの、そのまま試合は経過して引き分けで何とか本大会の出場権を得るかに見えたが、またもロスタイムに決勝ゴールを決められ1 - 2で敗れ、土壇場でブルガリアに出場権を奪われた。

尚このグループから本大会出場を決めたスウェーデンはその後本大会で3位、ブルガリアは4位になった。ジャン=ピエール・パパン、エリック・カントナという当時世界最強とも言われた2トップを擁していたフランスだったが、ブルガリアにはフリスト・ストイチコフ、スウェーデンにもトマス・ブローリンを中心として両国共に代表史上最強のチーム力を擁していた死のグループだっただけに、イスラエル戦の敗戦が結果的に大きく響いた。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/332-4cf5997b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。