サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダヴィド・トレゼゲ(David Trézéguet、1977年10月15日 - )は、フランス、ルーアン出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(センターフォワード)。2006-07シーズンはレガ・カルチョ、セリエBユヴェントスに所属する。

両親は共にアルゼンチン人。2歳の頃からアルゼンチンで育ったため、アルゼンチン国籍も持ち合わせている。


■ダヴィド・トレゼゲの経歴

弱冠17歳でアルゼンチンプロサッカーリーグのCAプラテンセにてプロデビュー。出場機会は僅かであったが、ASモナコのスカウトの目に留まり、自らの出生地であるフランスの地を再び踏むこととなった。モナコでは移籍当初は苦労したものの、徐々に頭角を表すと、1999-2000シーズンに22ゴールを挙げてリーグ優勝に貢献。ビッククラブから注目される存在になっていった。

2000年、イタリアの名門、ユヴェントスへ移籍。1年目にして14ゴールを挙げると、翌年には24ゴールで得点王に輝いた。このタイトルは全て流れの中から決めた(PKなしの)得点であることから、大いに賞賛を浴びた。以降、怪我が多くフルシーズン出場する機会は多くないものの、出場すれば抜群の決定力を見せている(セリエA通算151試合95得点、2005-2006シーズン終了時点)。2005-2006シーズンにはルカ・トニの31得点に次ぐ23得点を挙げ、スクデットに貢献した(その後の不正疑惑により取消)。2006年、ユヴェントスのセリエB降格に当たり、移籍は確実かと思われていたが、結局残留している。

代表デビューは20歳、1998年1月28日に行われたスペイン代表戦。同年に行われたフランスW杯のメンバー入りも果たし、見事優勝を飾る。同大会では予選リーグで3得点を挙げるも、控えに甘んじた。 2年後のEURO2000でも控えの立場だったが、イタリアとの決勝戦の延長でゴールデンゴールを決め、チームを優勝に導いた。なお、この活躍が認められる形で、大会後にユヴェントスと契約を結んでいる。尚、このゴールデンゴールを決めたことで移籍当初はイタリア国内では民衆に目の敵にされたことがあるという。

しかしその後の代表歴は思わしいものではない。セリエA得点王として臨んだ日韓W杯ではセネガル戦ではシュートがバー直撃、そしてEURO2004にはクロアチア戦において疑惑のゴールを決めたものの、ブレイクすることはなかった。

自身3度目となるドイツW杯では、1トップを布くドメネク監督の戦術の犠牲となった。ベンチに座る機会も多く、チームも決勝で敗れてしまい、失意のうちに大会は終了した。決勝のPK戦では両チームで唯一、失敗してしまった。 代表ゴール数34は歴代3位(2006年12月現在)だが、W杯後もレギュラーとしてプレーできない状況に、代表引退も視野に入れていると言われている。


■ダヴィド・トレゼゲのプレイスタイル

世界屈指のセンターフォワード。特に浮き球の処理がうまく、浮き球を蹴らせたら彼の右に出る者はそういない。また世界屈指といわれる滞空時間の長いジャンプ力いかした打点の高いヘディングとフィジカルの強さで前線で起点になりゴールを量産する。ボディバランスやボールコントロールも良く、キープ力、決定力といったFWに必要な要素を高いレベルで兼ね備えている選手である。シュートの威力とその精度は抜群。また思い切りが良くダイレクトでのプレーを得意とし、豪快に決める姿は爽快である。数々の大舞台で決勝ゴールなどを決めてきた。ペナルティエリア内でのプレーを最も得意としておりエリア内は無類の強さを誇る。

ユヴェントスで2トップを組むアレッサンドロ・デル・ピエロと絶妙なコンビネーションを見せる一方、フランス代表で2トップを組む場合、ティエリ・アンリとのコンビネーションは何故か悪い。トレゼゲは敵陣に空いたスペースに飛び込んで攻撃を仕掛けるプレーを得意とするが、ティエリ・アンリとの2トップとなるとそのスペースを相殺してしまうために同時に用いられることが極端に少ない。なお、アンリとはASモナコ所属時代にチームメイトであったが、当時のアンリはウイングを務めていたため、この時は問題なくプレーしていた。また余談だが、1997年に行われたワールドユース選手権ではニコラ・アネルカを加えた3トップを形成したこともあり、彼らの同時起用が全く不可能という訳ではない。


■ダヴィド・トレゼゲの所属クラブ

CAプラテンセ(アルゼンチン)1993-1995
ASモナコ(フランス) 1995-2000
ユヴェントス(イタリア) 2000-


■ダヴィド・トレゼゲのタイトル

1998年 ワールドカップ優勝
2000年 欧州選手権優勝
2001-2002 セリエA得点王
2001-2002 セリエA年間最優秀選手



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/327-238ced55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。