サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドーハの悲劇は、1993年10月28日、カタールのドーハで行われた日本代表とイラク代表のサッカーの試合(1994年アメリカワールドカップアジア地区最終予選の日本代表最終戦)において、試合終了間際のロスタイムにイラク代表チームの同点ゴールが入り、日本の予選敗退が決まったことを指す日本での通称である。最初に「ドーハの悲劇」というフレーズを使ったのは夕刊フジ。この試合の結果、韓国代表が本大会出場を決めたため、韓国では「ドーハの奇跡(□□□ □□)」と呼ばれる。日本でもとらえ方によっては「ドーハの奇跡」や「ドーハの喜劇」と呼ぶことがある。

日本でのテレビ中継(地上波)はテレビ東京が行い、視聴率は日本時間では深夜帯にも関わらず、同局史上最高の48.1% (関東地区) を記録した。

その後、岡田は初出場の1998年フランスワールドカップ日本代表監督となった。日本のサッカーファンにとって、メキシコシティオリンピック3位、アトランタオリンピックの「マイアミの奇跡」、1998年フランスワールドカップアジア地区予選の「ジョホールバルの歓喜」と共に忘れられない出来事の一つに数えられる。


■「ドーハの悲劇」の試合の経過

◆最終予選第4戦まで

日本は、1次予選F組で7勝1分けとし、UAEを抑えて1位通過し、最終予選に進んだ。

この最終予選は、ドーハでのセントラル方式にて行われ、1次予選を勝ち抜いた6チームの総当たりリーグ戦で、上位2チームがワールドカップの出場権を得ることになっていた。

日本は初戦のサウジアラビア戦を 0 - 0 で引き分け、第2戦のイラン戦を 1 - 2 で落とした。イラン戦では途中出場した中山雅史が、度重なる失点で無気力となりボールを追いかけなくなったラモス瑠偉とは対照的にボールをゴールライン際まで追いかけ、角度0に近い位置からゴールを決め1点を返した。ゴール後、イランのゴールキーパーからボールを奪い取りセンターサークルまで走って試合再開を促し、味方を鼓舞した姿はサブに甘んじてきた中山を一躍全国区の有名選手にした。一時は最下位になったが、第3戦の北朝鮮戦を 3 - 0 で勝利し、続く第4戦で宿敵韓国に三浦知良(カズ)のゴールで 1 - 0 勝利し、韓国に代わり首位に立った。

それまで日本にとって大きな壁であった強敵韓国を試合内容でも圧倒して、W杯と五輪のアジア予選では初勝利、しかも本戦出場に王手をかける勝利であったから、日本のファンは大いに盛り上がった。

最終戦の組合せは、

日本      - イラク
サウジアラビア - イラン
韓国      - 北朝鮮

となっており、北朝鮮以外の5チームに本大会出場のチャンスがあったが、首位の日本は勝てば文句なく出場権を得られ、引き分けでも、サウジアラビア、韓国が共に勝利するのでなければ(ほぼ)出場権を得られるはずであり、日本はかなり有利な条件で最終戦に臨んだ。


◆最終戦

最終戦、日本は、後半ロスタイムまで 2 - 1でリードしていたが、終了間際にイラクはコーナーキックのチャンスを得る。時間がないので通常はそのままセンタリングかと思われたが、イラクは意表を突くショートコーナー。カズがあわてて対応に走る。しかし、イラクはカラフがカズのディフェンスをかいくぐってセンタリング、そしてオムラムがヘディングシュート。ボールはゴールキーパー松永の頭上を放物線を描いて越えていき、ゴール。イラクの同点ゴールが決まった瞬間、控えを含めた日本代表選手は皆、愕然としてその場に倒れ込んだ。その後、ワンプレーのみを行い、日本はロングボールを出すが、ボールがタッチラインを割ったところでホイッスルが鳴らされ試合終了。 2 - 2 で引き分けとなった。

日本-イラク戦より数分早く終了した他会場の結果が、サウジアラビア 4 - 3 イラン、韓国 3 - 0 北朝鮮だったため、得失点差で韓国に及ばず3位となった日本は本大会への出場権を逃した。

この後、仏W杯からは出場国数が増加しアジア枠がこの時の2から4へ増設され、その恩恵を受けて日本はW杯初出場を達成した。しかし、枠が増加したにもかかわらず苦戦した仏W杯予選のチームと違って、このチームは最後の最後で3位に得失点差で転落しただけに「このチームでW杯に出ていれば」という声も多い。

この試合でもしイラクが敗北した場合、当時のイラクスポーツ協会会長であるウダイ・サッダーム・フセイン(サッダーム・フセインの息子)から全員鞭打ちの刑に処されることになっていた、と元イラク代表が語っていて、むしろ本当の悲劇はこちらのほうかもしれない。


■「ドーハの悲劇」の登録メンバー

選手の所属チームおよびチーム名称は当時のもの。

▽ゴールキーパー
1 松永成立 横浜マリノス
19 前川和也 サンフレッチェ広島

▽ディフェンダー
2 大嶽直人 横浜フリューゲルス
3 勝矢寿延 横浜マリノス
4 堀池巧 清水エスパルス
5 柱谷哲二 ヴェルディ川崎 ※主将
6 都並敏史 ヴェルディ川崎
7 井原正巳 横浜マリノス
21 三浦泰年 清水エスパルス
22 大野俊三 鹿島アントラーズ

▽ミッドフィルダー
8 福田正博 浦和レッズ
10 ラモス瑠偉 ヴェルディ川崎
14 北澤豪 ヴェルディ川崎
15 吉田光範 ジュビロ磐田
17 森保一 サンフレッチェ広島
18 澤登正朗 清水エスパルス

▽フォワード
9 武田修宏 ヴェルディ川崎
11 三浦知良 ヴェルディ川崎
12 長谷川健太 清水エスパルス
13 黒崎比差支 鹿島アントラーズ
16 中山雅史 ジュビロ磐田
20 高木琢也 サンフレッチェ広島

監督 ハンス・オフト
コーチ 清雲栄純
GKコーチ ディド・ハーフナー




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/316-d3448446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。