サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テルアビブの悲劇は、2001年10月27日、イスラエルのテルアビブで行われた2002 FIFAワールドカップ予選で、イスラエル代表がプレーオフ進出を逃したことを指す通称。


■「テルアビブの悲劇」の経過

8大会ぶり2回目、ヨーロッパサッカー連盟移籍後初出場を目指すイスラエルは、2位オーストリアを勝ち点差3で追いかける状況で最終戦の直接対決を迎えた。当初10月7日に行われる予定だったが、アメリカ同時多発テロ事件によりイスラエル国内の治安が悪いため、10月27日に延期された。

イスラエルはこの最終戦に勝てばオーストリアと勝ち点で並び、得失点差で2位となりプレーオフ進出が決定する。試合は後半10分にシモン・ガーションがPKを決め先制、そのままロスタイムに突入しイスラエルはプレーオフ進出を確信した。しかしフリーキックからアンドレアス・ヘルツォークに同点ゴールを決められ、1 - 1の引き分け。この結果オーストリアが2位となり、イスラエルはプレーオフ進出を逃した。


■「テルアビブの悲劇」その後

オーストリアはプレーオフでトルコと対戦。ホームの第1戦を0 - 1で敗れ、アウェーは0 - 5で大敗し、ワールドカップ出場はならなかった。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/315-038d4bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。