サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋天の陽炎(しゅうてんのかげろう)はJリーグ・大分トリニータが1999年11月21日にホームスタジアムの大分市営陸上競技場で行われたモンテディオ山形戦でJ1昇格を逃したことを指す。

この試合のことを「大分の悲劇」(おおいたのひげき)、あるいは大分市営陸上競技場の近くにかかる橋の名前から「舞鶴橋の悲劇」(まいづるばしのひげき)と呼ぶこともあるが、金子達仁によりスポーツ誌「Sports Graphic Number」に掲載されたルポルタージュに由来する呼び方が一般的といえるため、ここでもこれを用いる。


■「秋天の陽炎」の最終節までの経過

1999年、Jリーグはこの年からから二部制を導入した。この年に参加した10チームは4回戦総当たりの各チーム36試合ずつを行い、翌年のJ1自動昇格となる上位2チームを目指していた。そのなかから川崎フロンターレとFC東京が1歩抜け出し、そして11月5日に行われた第34節・サガン鳥栖戦(等々力陸上競技場)で川崎が延長勝ちによりJ1昇格を決めた。

これを2位で追いかけていたFC東京も昇格を確実視されていたが、第29節から4連敗をするなどで急失速し、第35節終了時点で20勝3分12敗、勝ち点61、得失点差15の3位となった。ほぼ同じころ大分は急激に調子をあげ、東京に代わって2位に浮上(21勝2分12敗、勝ち点62、得失点差20)。最終戦となる第36節で大分は、延長Vゴール以上でJ1昇格が実現することとなった。


■「秋天の陽炎」1999年最終節

開催日:1999年11月21日
開催地:大分市営陸上競技場(大分市)
観衆:15702人
結果:大分トリニータ 1 - 1 モンテディオ山形
得点:60分 ウィル(大分) 89分 吉田達磨(山形)

大分市営陸上競技場で行われたこの試合。観衆15702人のほぼ全員が大分を応援するという状況で行われたが、前半は両チームとも相手のチャンスを摘むプレーにより膠着状態のまま進み、無得点で折り返した。

60分、大分はウィルのゴールが決まり先制。このとき神野卓哉のハンドではないかとの抗議もあったが得点は認められた。(後日、ビデオで確認するも、かろうじて当たってないことが証明されている。)

64分、大分のゴールキーパーのプレーがバックパスを手で扱ったとして反則とされ、山形がゴールエリア内での間接フリーキックを得たがこれを防ぎきると、大分リードのままロスタイムに突入し、大分はJ1昇格を確信した。

しかし、山形・吉田達磨のフリーキックが大分ゴールに直接入り、土壇場で1-1の同点に追いつかれた。その後、山形にもバックパスによる反則があり大分の間接フリーキックがあったが得点は動かず、1-1のまま90分間が終了となった。

同じころ、FC東京は新潟市陸上競技場で、今季3戦3敗と大の苦手にしていたアルビレックス新潟に1-0と勝利。勝ち点64とし、大分の結果を待つことになった。

これによりJ1昇格にはVゴール勝ちしかない状況となった大分だが、92分に山形・平間智和が退場処分となり数的優位に立つと、大分は一方的に攻め続けたものの山形の懸命のディフェンスに阻まれ無情のタイムアップ。

1-1の引き分けで大分の勝ち点は63となり、FC東京が2位、大分トリニータは3位となって、わずか勝ち点1の差で昇格を逃した。


■「秋天の陽炎」のメンバー

◆大分トリニータ

監督:石崎信弘
GK:小山健二
DF:村田一弘 平岡靖成 吉村寿洋
MF:若松大樹(26分 MF 金本圭太) 山根巌 崔大植 エドウィン
FW:ウィル 塩川岳人(103分 MF 川崎元気) 神野卓哉
ベンチ入り:吉坂圭介(GK) 山崎哲也(DF)  竹村栄哉(FW)


◆モンテディオ山形

監督:植木繁晴
GK:鈴木克美
DF:太田雅之(51分 FW ムタイル) 岩元洋成 本街直樹 佐藤淳志
MF:吉田達磨 内山俊彦(73分 小久保純) 高橋健二 バウテル(99分 中森大介) 平間智和(92分 退場)
FW:真下佐登史
ベンチ入り:斉藤武志(GK) 鷲田雅一(DF)


■「秋天の陽炎」のその後のトリニータ

翌2000年シーズンも大分トリニータは勝ち点1差で3位となり昇格を逃す。(2000年J2最終節参照)
2001年にはスタートダッシュにつまづいたため、石崎信弘監督をシーズン途中で解雇して立て直したが、最終節を90分勝ちでしかも上位2チームが敗退の場合のみ昇格という状況で引き分け、3年連続で昇格に失敗した。(2001年J2最終節参照)

しかし2002年にはセレッソ大阪、アルビレックス新潟、川崎フロンターレとの昇格争いからいち早く抜け出すと、11月2日に行われた大宮アルディージャ戦(さいたま市大宮公園サッカー場)で勝利して念願のJ1昇格を決定。このときスタンドには「秋天の陽炎 ここに完結」と書いたボードを持ったサポーターの姿が見られた。





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/313-dfb60ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。