サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスタンブールの奇跡は、2005年5月25日に行われた2004-2005シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の通称。リヴァプールFCがACミランを相手に前半0-3の状態からPK戦の末、逆転勝利を収めた試合のこと。リヴァプールの愛称からレッズの奇跡とも言う。


■「イスタンブールの奇跡」の概要

決勝戦は、共に赤がチームカラーのイングランドのリヴァプールとイタリアのミラン、そして開催国トルコの国のカラーも赤と、まさに赤一色に包まれたイスタンブールのアタテュルク・オリンピヤット・スタジアムで行われた。

リヴァプールはこのシーズンのリーグ戦は低迷しており、長年チャンピオンズリーグでも結果を出せていなかった。対するミランは、スクデットこそ逃していたが、この日のために主力を温存し、2002-2003シーズンのチャンピオンズリーグを制した勢いを保っており、前評判はミラン有利と見られていた。


■「イスタンブールの奇跡」の試合内容

試合は盛大なセレモニーの余韻が残る中開始。キックオフ直後にカカの突破からFKを得たミランは、アンドレア・ピルロのFKにキャプテン、パオロ・マルディーニがボレーで合わせて先制。通算7度目のチャンピオンズリーグ決勝出場となるミランの象徴とも言えるプレーヤーの得点が開始1分も経たずに決まったことは、ミランの好調ぶりを印象付けると同時にゲームがミラン主導で進んでいく様を予感させるものでもあった。その予感はリヴァプールの先発FW、ハリー・キューウェルが23分に負傷交代(代わっての出場はウラジミール・スミチェル)に追い込まれた事からも現実味を帯びて来ていた。

早々と先取点を手にしたミランは左サイドバックのマルディーニ、ベテラン右サイドバックのカフー、アレッサンドロ・ネスタにヤープ・スタムのセンターバックふたりで形成される強固なディフェンスラインを武器にリヴァプールの反撃の芽を摘み取り続ける。異なる3チームでチャンピオンズリーグを制したクラレンス・セードルフ、ピッチ上を精力的に走り回るハードワーカー、ジェンナーロ・ガットゥーゾなどの守備的な中盤の選手も攻撃の起点となるなど、ほとんどあらゆる点で試合を支配し始めていた。

前半39分には、またもカカの突破からアンドレイ・シェフチェンコにパスが繋がる。彼からのマイナス方向へのクロスをエルナン・クレスポが絶妙に合わせて決め、リードを2点に広げた。そして前半43分、カカのスルーパスに反応したクレスポがキーパーとの1対1を逃さず決めて3点リード。このまま前半を終え、誰もがこの試合はミランが制すものと考えた。

後半、ミラン相手に3点ビハインドと追い込まれたリヴァプールの逆襲が始まる。リヴァプールのラファエル・ベニテス監督は前半の時点で負傷していたスティーブ・フィナンに代えてディートマー・ハマンを投入し、リーグ戦ですら一度も採用した事がない3バックへとシステムを変更。ボランチに配されていたスティーブン・ジェラードを一列前に上げる策に打って出た。すると54分、うまく攻め上がったヨン・アルネ・リーセのクロスをジェラードがヘッドで合わせて1点を返す。ここから流れが変わったのか、56分にはジェラードを起点にハマンから途中出場のスミチェルに繋ぐと、スミチェルがそのままペナルティーエリア外より豪快なミドルシュートを決め、1点差に詰め寄った。前半は静かだったリヴァプールサポーターは勢いを取り戻し、スタジアム中に『You'll never walk alone』の合唱が響き渡る。さらに攻勢を強めるリヴァプールは、前半試合を支配していたミランの攻撃を分断し逆にパスを効果的に繋ぎ始める。そして60分、ミラン・バロシュがヒールで流したボールがジェラードに渡る。キーパーと1対1になりかけたジェラードがガットゥーゾに後ろから倒され、微妙な判定ではあるがPKを獲得。シャビ・アロンソのPKは一度はヂーダの好セーブに阻まれるが、こぼれたボールをアロンソが詰めて叩き込み同点。後半わずか6分間で3点を決め、試合を振り出しに戻した。一度は終わったと思われた試合を跳ね返すリヴァプールイレブンの強靱な精神力と、大音声でチームを後押しするサポーターたちがスタジアムを熱気と興奮の渦に包んでいく。

同点となった後はお互いに決定機を窺い合う消耗戦の様相を呈したが、結局90分では決着が付かず延長戦に突入。延長戦に入ってからは足の止まり始めたリヴァプールに対しミランが猛攻を仕掛けるものの、GKイェルジ・デュデクがシェフチェンコの放った至近距離からのシュートを2連続で止めるなど大活躍。スコアは動かず30分間の延長戦が終わり、2002-2003シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦以来となるPK戦での決着にもつれ込んだ。

そしてPK戦、先攻のミランはセルジーニョが枠外に外す。続くアンドレア・ピルロもGKイェルジ・デュデクに止められ追い込まれたミランだが、ヂーダもリヴァプールの3人目、リーセを阻止。5人目までの勝負に持ち込むが、デュデクがミランの5人目・シェフチェンコの阻止に成功した。このPK戦の際、デュデクはクネクネとした怪しい動きを見せ、感動と共に笑いを呼んだ。ちなみにこれはPK戦直前、チームメイトのDFジェイミー・キャラガーから「ブルース・グロベラーがローマでやった動きを思い出せ」とアドバイスした事がきっかけである。なお、グロベラーは83-84シーズン決勝で、PKの際、クネクネした動きでシュートを2本防いでいる。(正確に言えば「外させた」)

PK戦に勝利し、リヴァプールに歓喜とビッグイヤーがもたらされた。スタジアムには、この奇跡的な勝利に酔いしれるリヴァプールサポーターによる大合唱がいつまでも響きわたっていた。


■「イスタンブールの奇跡」のその後

この試合の結果、チャンピオンズカップを含め21年ぶりの栄光に輝いたリヴァプールは、シーズンを無冠で終えたミランに対し、通算5度目のビッグイヤーを手にし、ビッグイヤーを永久保持する権利を獲得。第1回FIFAクラブ世界選手権の出場権も手にした。

また、リヴァプールはこのシーズンをリーグ5位で終え、次回のチャンピオンズリーグ出場権を逃したが、タイトル防衛の機会を与えるべきだとして、特別に前年度優勝チームとして2005-2006シーズンのチャンピオンズリーグ出場権が与えられた。そして2006-2007シーズンからは前年度優勝枠が設けられ、前年度優勝チームは予選免除されることになった。

この試合で活躍したリヴァプールのキャプテン、ジェラードは再評価され、移籍論争に終止符を打った。

イギリスのブレア首相は「英国民のすべてが君たちを誇りに思っている」とする声明を発表した。





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/310-6ed403e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。