サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハットトリック(Hat Trick)は、サッカーやホッケーなどで1人の選手が1試合に3得点、もしくはラグビーなどで3回得点することの通称。また、ダーツの競技において、ブルエリアに3本とも連続で指すことをいう。ただし、各競技ともルールにこの言葉の明示はない。

元々はクリケットで使われた用語で、連続して3人の打者をアウトにしたボーラー(投手)には、帽子が贈られその名誉が賛えられたことに因むものである。


▽サッカーにおける「ハットトリック」
サッカーのストライカーにとって、ハットトリックを決めることは実力を証明する勲章としての意味合いを持ち、全世界で定着している。ただし、プロリーグや国際試合ではハットトリックの達成は非常に難しく、目にする事はまれである。

なお、1試合に6得点することをダブルハットトリックという。こちらは、対戦相手がたとえ格下であったとしても、何らかの要因が発生しない限り達成は非常に困難である。

ハットトリック連続世界記録は、中山雅史が記録した4試合連続(1998年、Jリーグ)。

Jリーグにおいては、開幕戦で当時鹿島アントラーズのジーコが初ハットトリックを記録。以降年間11回ペース(J1リーグのみ、公式データより)でハットトリックが生まれている。ダブルハットトリックにいたっては、リーグ戦において達成者は出ていない。


▽モータースポーツにおける「ハットトリック」
モータースポーツでは、1つのグランプリにおいてポールポジション獲得、決勝レースでのファステストラップ記録、優勝の3つを成し遂げることをハットトリックと呼ぶ場合がある。 これに加えて全周回で1位走行した場合には「グランドスラム」と呼ばれることがある。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/31-f0f2efae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。